最新記事

マレーシア

マレーシア国王、ロシア美女へ愛を捧げ電撃退位

2019年1月8日(火)21時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)


国王の突然の退位を伝えるマレーシアメディア The Star Online / YouTube

入り乱れる真偽不明のネット情報

ムハマド5世の国王任期途中の退位という異例の事態を受けて、マレーシア国内では賛否両論が渦巻いているが、ムハマド5世と元ミス・ロシアのオクサーナさんの結婚に関してこれまでところ公式の発表はない。

1月4日に会見したマハティール首相もその辺の事情を理解した上で「何も聞いていないのだから、何も話しはしない」と国王退位には直接触れず、「(結婚に関しては)公式には確認していない」との立場を貫いた。

インターネット上ではオクサーナさんとみられる女性の下着姿やイスラム教徒の女性が頭部を覆うヒジャブを着用した写真などがアップされているが、真偽は判然としていない。

またムハマド5世に関しても「かつて、タイ南部パッタニー県のタイ人女性と結婚して、その後ほどなくして離婚した」などの未確認情報も流れている。

ムハマド5世は、今回の異例ともいえる在任中の退位について王室当局に書簡で伝え、「マレーシアの統治に関して協力をしてくれたマハティール首相らに対する謝意」を表明しているという。

そのうえで国王としてまたマレーシア国軍の最高司令官として職務をまっとうすることができたとして「今後もマレーシアの統一維持や平和と調和が維持されることを望む」との気持ちを表したという。

マレーシアでは国王が年齢差のある外国人女性と結婚することへの批判も少なくなく、こうした世論に配慮してムハマド5世自身が「国王の退位」を決断したものとみられている。退位したムハマド5世は今後、故郷のクランタン州に戻り、同州のスルタンとして州政府とともに職務を再開する予定といわれている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

※1月15日 記事の内容、一部修正いたしました(ニューズウィーク日本版ウェブ編集部)

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、バイデン氏と協議 新型コロナ対応巡り=

ビジネス

ダウ急反発1627ドル高、新型コロナ危機安定化に期

ワールド

ジョンソン英首相、集中治療室に 新型コロナの症状悪

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わるパートナー関係

  • 4

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 5

    スペインのコロナウイルス流行に収束の兆し

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 8

    「恐怖の未来が見えた」NYの医師「医療崩壊」前夜を…

  • 9

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月