最新記事

マレーシア

マレーシア国王、ロシア美女へ愛を捧げ電撃退位

2019年1月8日(火)21時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

モスクワ郊外のコンサートホールで結婚式を挙げたというムハマド5世国王とオクサーナ・ヴォエヴォジナさん facebookより

<敬虔なイスラム教徒が多いマレーシアだが、国王が愛を貫くため退位するという前代未聞の事件に国民は──>

マレーシア王室は2019年1月6日、同国のムハマド5世国王が同日付で国王を退位したことを明らかにした。マレーシアは政治的実権のない象徴的存在として国王が存在するが、1957年の独立以来、任期5年間の途中で国王が退位するのは初めての出来事であり、その理由を巡っていろいろな憶測が飛んでいる。

マレーシアの国王は、13州のうちスルタン制度(イスラム王侯)の残る9州のスルタンが持ち回りで就任することになっている。ムハマド5世は現在49歳、クランタン州のスルタンで、2016年12月第15代国王に就任した。国王としての任期は5年間の予定だった。

ところがムハマド5世は2018年11月から病気療養を理由に長期休暇に入り、ロシアなどに滞在していたとされ、さらにインターネットなどの情報によるとモスクワ郊外のバルビカにあるコンサートホールで11月22日にロシア人女性と結婚式を挙げたといわれている。

そのお相手がロシア人のオクサーナ・ヴォエヴォジナさんという25歳の女性。2015年にミス・モスクワに選ばれたという「美女」だ。

2人の結婚式の様子とされる写真もネットで広まり、マレーシアは敬虔なイスラム教徒の多い「イスラム教国」だけに批判が集中した結果、国王を退位することになったとも言われている。

2人の結婚式に参加したマレーシア人実業家のFacebookへの投稿より


政治的実権のないマレーシア国王

マレーシアといえば2018年5月の選挙で同国初の政権交代を実現させて首相に返り咲いたマハティール首相が国政を担っているが、そのマハティール首相の宣誓就任式を執り行ったのが国王ムハマド5世で、その様子は全世界に報じられた。

このようにマレーシアの国王は政治的な存在ではなく、首相や閣僚の就任宣誓を執り行うなど儀礼的な存在で、1957年の独立以来、原則として任期5年で引き継がれてきた。

マレーシアでスルタン制度が残るジョホール州、クダ州、クランタン州、ヌグリ・スンビラン州、パハン州、ペラ州、プルリス州、スランゴール州、トレンガヌ州の9州のスルタンが持ち回りで国王に就任することになっている。

今回ムハマド5世が国王退位を表明したことから1月6日以降はナズリン副国王が国王代行を務めている。今後4週間以内に次の国王を選ぶことになるが、パハン州のスルタンが次期国王に就任することが有力視されている。

ニュース速報

ビジネス

北京汽車と滴滴出行、リース事業を計画 新車販売低迷

ビジネス

焦点:都市封鎖を警戒する市場、「最大級対策でも不十

ワールド

緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない=菅官房

ワールド

韓国、新型コロナで国民に現金支給 58億ドルの補正

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 3

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま日本が学ぶべきこと

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 6

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 7

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は…

  • 10

    中国、感染しても無症状者は統計に反映せず 新型コロ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 6

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月