最新記事

アメリカ政治

トランプ「壁建設費認めなければ国境閉鎖」 議会民主党に揺さぶり

2018年12月29日(土)08時41分

トランプ米大統領は議会がメキシコ国境の壁建設費として50億ドルの拠出を認めなければ米南部国境を閉鎖すると発言した。写真は1日撮影(2018年 ロイター/Adrees Latif)

トランプ米大統領は28日、議会がメキシコ国境の壁建設費として50億ドルの拠出を認めなければ米南部国境を閉鎖すると発言した。

トランプ氏はツイッターで「妨害を行う民主党が壁建設費をよこさず、ばかげた移民法を変えないというのであれば、南部国境を閉鎖せざるを得ない」「壁を建設するか、国境を閉鎖するかのどちらかだ」と述べた。

またホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドルの中米3国は移民の移動阻止に向け何一つ対策を講じていないとして、同3国への支援をすべて打ち切る可能性があると強調した。

トランプ氏の発言を巡り、メキシコのロペスオブラドール大統領は米国の内政問題だとした上で「米政府との関係は特に大切だ。無論わが国は常に主権を守るし、移民や移民の人権も保護する」とした。

民主党のシューマー上院院内総務の報道官は27日、今月22日に始まった政府機関閉鎖の解消を巡り共和党との意見の隔たりはなお大きいと表明。政府閉鎖は来週まで続き、越年となる公算が強まった。ロイター/イプソスの調査結果によると、政府機関閉鎖の責任はトランプ大統領にあると考える人が議会民主党員にあると考える人の数を上回っている。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

米大統領、CDCやファウチ氏への批判強める コロナ

ビジネス

イタリア、200億ユーロの追加刺激策準備 赤字さら

ワールド

WHO「多くの国が間違った方向に」、コロナさらに深

ワールド

米大統領、学校再開に向け支援拡充の用意=カドロー氏

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月