最新記事

医療

「セックス依存症」はどこまで病気か

Something to Be Worried About?

2018年12月13日(木)17時30分
サダナ・バラニダラン

アメリカ人の8.6%が性的感情・行動で悩みを抱えているというが PEOPLEIMAGES/ISTOCKPHOTO

<WHOが強迫的性行動症を新たに疾病分類に加えたが、この「病気」に関してはまだ分かっていないことが多い>

この10年ほど、複数の女性との不倫が発覚したプロゴルファーのタイガー・ウッズや、常習的な性暴力を告発された映画プロデューサーのハービー・ワインスティーンが世間を騒がせるなか、「セックス依存症」という病気が流行しているような印象がある。

もっとも、この「病気」にはまだ分かっていないことが多い。そもそも、そんな病気が本当に存在するのか専門家の意見は一致していない。これは、一つの病気として診断の対象とすべきものなのか。それとも、他の要因が複合的に作用して発生している行動にすぎないのか。

少なくとも、性衝動の問題で苦しんでいる人が大勢いることは確かだ。WHO(世界保健機関)は今年、国際疾病分類の最新版に「強迫的性行動症(CSBD)」を新たに記載した。

この疾患の特徴は、性的な思考や行動を繰り返し、自分で制御できなくなることだ。性的活動の望ましい「上限」は明示されていないが、性的欲求が生活の中で中心的位置を占めれば、精神を痛めつけられたり、生活に支障が出たりしかねない。

JAMA(米国医師会報)ネットワーク・オープン誌によると、2300人を超すアメリカの成人を対象に調査したところ、8.6%は性的感情や性的行動に関して悩みを抱えているという(男性は10.3%、女性は7.0%)。

「マスターベーションのし過ぎで仕事に支障が出ている人もいるし、セックスのために金を使い過ぎて経済的に破綻しかけている人もいる」と、この論文の筆頭著者であるミネソタ大学のジャナ・ディッケンソン研究員は述べている。

セクハラ男が悪用する?

しかし、CSBDの診断基準はまだ確立されていない。ディッケンソンらの研究では、調査対象者に、「性的行動について罪悪感や恥辱感を抱く頻度は?」「性的思考と性的行動が恋愛に害を及ぼす頻度は?」といった問いを尋ね、5段階で自己評価させた。このやり方では、症状を大げさに回答する人がいても不思議ではない。

セックス依存症という診断は、他者に性被害を加える人物によって悪用されかねないと懸念する心理学者もいる。

「女性に偏見を持った利己的な人間を医学上の病気と診断すべきなのか」と、ニューメキシコ州アルバカーキの臨床心理学士デービッド・J・レイは語っている。「富と権力を握る利己的な男たちは、無責任で衝動的な性行動を正当化する道具としてこの概念を長年用いてきた」

セクハラ男を「セックス依存症」と機械的に認定することはやめたほうがよさそうだ。

<本誌2018年12月18日号掲載>


※12月18日号(12月11日発売)は「間違いだらけのAI論」特集。AI信奉者が陥るソロー・パラドックスの罠とは何か。私たちは過大評価と盲信で人工知能の「爆発点」を見失っていないか。「期待」と「現実」の間にミスマッチはないか。来るべきAI格差社会を生き残るための知恵をレポートする。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月