最新記事

映画

愛と死のおとぎ話『ア・ゴースト・ストーリー』

A Philosophical Fairy Tale

2018年11月30日(金)19時20分
デーナ・スティーブンス

幽霊の衣装はシーツに2つののぞき穴を開けたもの (c) 2017 SCARED SHEETLESS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<せりふがほとんどない哲学的なおとぎ話......宇宙的なスケールで生きることの意味を問い掛ける>

デービッド・ロウリー監督の『ア・ゴースト・ストーリー』を見終わって帰る道すがら、仲間の批評家がこう言った。「この映画については『見に行ってくれ』と言うしかない。それが最上の批評だと思う」

彼の言いたいことはよく分かる。上映時間1時間32分のこの幽霊映画は実にシンプル。惜しみない称賛よりも必要最小限の紹介のほうが似つかわしい。

筋書きは一文で語れる。死んだ男が幽霊になって自分の家に戻り、愛する女性を見守り、彼女が去った後もその痕跡を求め続ける。たったそれだけなのに、短い上映時間に悠久の時が流れ、魂の奥深くまで降りてゆくような不思議な感覚を味わう。

映画の始めのほうと終わり近くで2度、満天の星が輝く夜空が映し出される。その間に挟まれたのは宇宙的なスケールの探究の物語だと言うように......。

これはホラー映画ではない。哲学的なおとぎ話だ。心臓が飛び出すような恐怖シーンやじわじわ怖くなるサスペンスを期待して見たらがっかりする。

タイトルロールの幽霊を演じるのはケイシー・アフレック。この役には名前さえなく、クレジットではCと表記されるだけだ。アフレックが姿を見せる場面はほんのわずかで、ほぼ終始シーツをかぶっている。人を脅かすといったお化けっぽいことはせず、ただそこに立っているだけ。時が流れるにつれて、「そこ」の持つ意味が、そしてその空間と彼の関係が変容し、深まっていく。

シーツお化けの名演技

映画が始まって10分ほどでCは死ぬが、生前の彼は愛する女性M(ルーニー・マーラ)と最近越したばかりの古い平屋に暮らしていた。ごく手短にこのカップルを紹介する場面から、2つの重要な情報が得られる。2人が深く愛し合っていること。

でも入居した家への思いは違うこと。彼は床板がきしむような家と、元の家主が残して行ったピアノが気に入っているが、彼女はもっと都会的な家に住みたがっていて、調律の狂ったピアノも処分したいと思っている。

だが家のことで口論しても、CとMが愛し合い、共に人生を送ろうとしていることは明白だ。それゆえ一層、自動車事故でのCの突然の死は衝撃的だ。

次の場面(ほとんどせりふはない)で、Mは病院で身元確認のためにCの遺体と向き合う。Mたちが出ていった後もカメラはその場にとどまり、シーツを掛けられたCを見守る。と突然、シーツの下の男が身を起こす。この場面も単純にびっくりするだけで、さほど怖くない。男は立ち上がり、シーツの裾を引きずって家に向かう。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:高炉含めた全設備が見直し対象、固定費

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月