最新記事

アメリカ政治

「ロシア疑惑」捜査妨害へ、トランプが司法長官を事実上更迭

Does Sessions Resignation Put Mueller Probe in Danger?

2018年11月8日(木)15時00分
グレッグ・プライス

就任直後にはトランプのお気に入りだったセッションズ(写真右) Andrew Kelly-REUTERS

<中間選挙で下院を奪われた翌日、セッションズを電撃クビに。ムラー特別検察官の捜査が危ない?>

中間選挙から一夜明けた7日、ジェフ・セッションズ米司法長官はドナルド・トランプ米大統領の要求に応じて辞任した。これでトランプは、2016年の大統領選におけるロシア介入疑惑に関する捜査を中止させるか妨害する準備を整えたことになる。

セッションズは2017年3月、自身にも疑惑がおよんでいるため、ロシア疑惑の捜査には関与しないと宣言した。そのためロッド・ローゼンスタイン司法副長官がロバート・ムラーを特別検察官に任命し、みずからがトランプの妨害から捜査を守る盾となった。

セッションズ辞任後は、セッションズの首席補佐官だったマシュー・ウィテカーが司法長官代行を務め、ローゼンスタインに代わってムラーの捜査を監督することになる。ウィテカーは、捜査で判明した事実を最終報告書の形で公開するかどうかを決める権限ももつ。

セッションズが捜査不関与を宣言したときから、トランプは再三にわたって公然とセッションズを非難。こんなことなら、セッションズを指名すべきではなかったとぼやいていた。

「近眼のマグー」呼ばわり

ムラーの捜査開始から1年半経つが、トランプはロシア疑惑捜査を「不正に仕組まれた魔女狩り」と呼び、敵意をむき出しにしている。米民主党は、2016年の大統領選で指名候補のヒラリー・クリントンが敗北したことでトランプ陣営を逆恨みし、トランプ政権を貶めようとしている、というのだ。

トランプはセッションズが辞任し、ウィテカーが司法長官代行を務めることを8日早朝ツイッターで発表した。

「ジェフ・セッションズ司法長官の首席補佐官マシュー・G・ウィテカーが新たな司法長官代行に就任することを喜んで発表する。彼はわが国のために尽くしてくれるだろう。ジェフ・セッションズ司法長官の尽力に感謝し、彼の幸福を祈りたい!正式な後任者は後日指名される」

大統領宛の辞表で、セッションズは司法のトップの職責を果たせたことを「名誉に思い、大統領を目指すあなたの選挙戦の中核を成した法の支配に基づいて、法執行機関の課題を実施すべく努めてきた」と述べた。

セッションズが更迭されるとの憶測は、何カ月も前から盛んに飛び交っていた。メディアは、トランプが彼を面と向かって罵っているとリーク。目が悪いために失敗を重ねるアニメのキャラクター「近眼のマグー」呼ばわりしていたことまで伝わっていた。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 2

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

  • 3

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、われわれは孤独だった?

  • 4

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 8

    数学が得意な日本で、なぜ三角関数が嫌われる?

  • 9

    北朝鮮、日本政府に「徴用工」問題への介入を予告

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 3

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 10

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月