最新記事

セクハラ

トランプ指名の最高裁判事候補が過去に性的暴行? 被害者が証言に前向き

2018年9月18日(火)10時48分

9月17日、トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏(写真)から、数十年前に性的暴行を受けたと主張するカリフォルニアの大学教授クリスティン・ブレイジー・フォード氏が、公の場で証言する姿勢であることが分かった。ワシントンで6日撮影(2018年 ロイター/Alex Wroblewski)

トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏から、数十年前に性的暴行を受けたと主張するカリフォルニアの大学教授クリスティン・ブレイジー・フォード氏が、公の場で証言する姿勢であることが分かった。フォード氏の弁護士が17日に明らかにした。

フォード氏によると、1980年代初め、カバノー氏はフォード氏を襲い、着衣を脱がせようとした。当時2人は首都ワシントン郊外のメリーランド州で高校に通っていた。

カバノー氏は容疑を否認している。

トランプ氏が最高裁判事を指名するのは2人目。最高裁判事は終身制で、死去もしくは引退するまで地位が保障される。

カバノー氏の指名は、まず上院司法委員会で、その後は上院全体で承認される必要があり、フォード氏の主張は承認過程を複雑にする可能性がある。上院は共和党が僅差で多数派を占める。上院司法委員会は20日、指名承認決議を本会議にかけるべきか投票で決める。11月6日の中間選挙を数週間後に控える日程だ。

委員会の共和党議員の一部は、フォード氏が話す機会を与えるべきだと主張している。コンウェイ大統領上級顧問も17日、同様の見方を示した。

フォード氏の弁護士、デブラ・カッツ氏は17日の朝、一連のテレビインタビューに応じ、フォード氏が公の場で証言する姿勢であると明らかにした。米CBSテレビで、上院の公聴会で宣誓証言をすることも選択肢にあるかとの質問に対して「彼女は必要なことは実行する姿勢だ」と答えた。

上院司法委員会のグラスリー委員長(共和党)は20日の投票前に、カバノー氏とフォード氏と話す予定だ。グラスリー委員長の報道官が明らかにした。

委員会のフレーク議員(共和党)はフォード氏の話を聞くまで投票を遅らせるべきだと主張している。同じく委員会に所属するグラハム議員(共和党)はフォード氏からの事情聴取を歓迎するとした上で、「投票を予定通り進められるように、(事情聴取を)すぐに行うべきだ」としている。

上院司法委員会は11対10で共和党員がわずかに多い。上院でも51対49で共和党がわずかに過半数を占める。

カバノー氏が承認されなければ、トランプ氏は別の人物を指名することとなるが、中間選挙前に上院が承認する可能性は低い。上院は、選挙で共和党が過半数割れしたとしても、新たに指名された人物を2019年1月に開会する次の議会までには承認できる見込みだ。

[ワシントン 17日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 5

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 6

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    南アフリカのランド、新興国通貨「売り」一番の標的に …

  • 10

    イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月