最新記事

人道問題

ミャンマー裁判所、ロヒンギャ迫害取材のロイター記者2人に禁錮7年の判決

2018年9月3日(月)18時06分

9月3日、ミャンマー裁判所の判事は、イスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を不法に入手したとして国家機密法違反の罪で起訴された2人のロイター記者に対して、いずれも禁錮7年の判決を言い渡した。判決後に裁判所を出るワ・ロン記者(中央)。ヤンゴンで撮影(2018年 ロイター)

ミャンマーでイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を不法に入手したとして、ロイターの記者2人が国家機密法違反で起訴された問題で、一審に当たるヤンゴン北部地区の裁判所は3日、いずれも禁錮7年の判決を言い渡した。

ロイターのスティーブン・アドラー編集主幹は判決を受けて「きょうはミャンマーとロイターの2記者であるワ・ロンとチョー・ソウ・ウー、そしてすべての報道機関にとって、悲しい日である」とし「この判決は民主主義に向かうべきミャンマーにとって、大きな退歩であり、法の支配や言論の自由と相容れることはできない。ミャンマー政府によって、ただちに是正されるべきである」と主張した。

その上で「私たちは座して待つつもりはなく、これから数日間で、国際的な法廷に救済措置を求めるかどうかも含め、今後の対応方法を検証する考えだ」との意向を示した。

ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたワ・ロン記者(32)とチョー・ソウ・ウー記者(28)は、昨年12月12日に拘束され、その後は一貫して無罪を主張していた。

ロイター記者らは裁判所の審理で、2人の警官からヤンゴンのレストランで書類を手渡され、その直後に別の警官に身柄を拘束されたと主張。ある警察官は、レストランでの出来事について、ロヒンギャ問題の報道を妨害し、記者らに罰を与えるための策略だったと証言している。

判事は「被告は国家機密法に違反した」と指摘し、両記者が入手したのは「機密文書」であり「国家の敵やテロ組織」にとって有益なものだと説明した。両記者は上級裁判所に控訴することができる。

判決は当初、8月27日に言い渡される予定だったが、判事の体調不良を理由に1週間延期された。

ワ・ロン記者は判決後、支持者らに対し「私たちは間違ったことは何もしていない。何も恐れてはいない。正義と民主主義と自由を信じている」と述べた。

チョー・ソウ・ウー記者はこれからも報道の自由のために戦い続けると強調し「政府はわれわれを投獄することはできても、人々の目や耳をふさぐことはできない。それが私の言いたいことだ」と続けた。

ミャンマー政府の報道官は判決に関するコメントの求めに応じていない。

マーシャル駐ミャンマー米大使は記者団に「非常に厄介だ」と述べ、裁判が国民の司法制度に対する信頼を強めるのか弱めるのか考えるべきだと指摘した。

国連のオスビー・ミャンマー常駐人道調整官は判決に失望したとし、「国連はロイターの記者を釈放し、表現の自由と情報公開を求める両氏の権利を尊重するようかねて当局に要求してきた」と述べた。

また英国のチャッグ駐ミャンマー大使は欧州連合(EU)を代表して発言し、判決は「法の支配に対する大きな打撃だ」と批判した。

[ヤンゴン 3日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月