最新記事

人道問題

ミャンマー裁判所、ロヒンギャ迫害取材のロイター記者2人に禁錮7年の判決

2018年9月3日(月)18時06分

9月3日、ミャンマー裁判所の判事は、イスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を不法に入手したとして国家機密法違反の罪で起訴された2人のロイター記者に対して、いずれも禁錮7年の判決を言い渡した。判決後に裁判所を出るワ・ロン記者(中央)。ヤンゴンで撮影(2018年 ロイター)

ミャンマーでイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を不法に入手したとして、ロイターの記者2人が国家機密法違反で起訴された問題で、一審に当たるヤンゴン北部地区の裁判所は3日、いずれも禁錮7年の判決を言い渡した。

ロイターのスティーブン・アドラー編集主幹は判決を受けて「きょうはミャンマーとロイターの2記者であるワ・ロンとチョー・ソウ・ウー、そしてすべての報道機関にとって、悲しい日である」とし「この判決は民主主義に向かうべきミャンマーにとって、大きな退歩であり、法の支配や言論の自由と相容れることはできない。ミャンマー政府によって、ただちに是正されるべきである」と主張した。

その上で「私たちは座して待つつもりはなく、これから数日間で、国際的な法廷に救済措置を求めるかどうかも含め、今後の対応方法を検証する考えだ」との意向を示した。

ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたワ・ロン記者(32)とチョー・ソウ・ウー記者(28)は、昨年12月12日に拘束され、その後は一貫して無罪を主張していた。

ロイター記者らは裁判所の審理で、2人の警官からヤンゴンのレストランで書類を手渡され、その直後に別の警官に身柄を拘束されたと主張。ある警察官は、レストランでの出来事について、ロヒンギャ問題の報道を妨害し、記者らに罰を与えるための策略だったと証言している。

判事は「被告は国家機密法に違反した」と指摘し、両記者が入手したのは「機密文書」であり「国家の敵やテロ組織」にとって有益なものだと説明した。両記者は上級裁判所に控訴することができる。

判決は当初、8月27日に言い渡される予定だったが、判事の体調不良を理由に1週間延期された。

ワ・ロン記者は判決後、支持者らに対し「私たちは間違ったことは何もしていない。何も恐れてはいない。正義と民主主義と自由を信じている」と述べた。

チョー・ソウ・ウー記者はこれからも報道の自由のために戦い続けると強調し「政府はわれわれを投獄することはできても、人々の目や耳をふさぐことはできない。それが私の言いたいことだ」と続けた。

ミャンマー政府の報道官は判決に関するコメントの求めに応じていない。

マーシャル駐ミャンマー米大使は記者団に「非常に厄介だ」と述べ、裁判が国民の司法制度に対する信頼を強めるのか弱めるのか考えるべきだと指摘した。

国連のオスビー・ミャンマー常駐人道調整官は判決に失望したとし、「国連はロイターの記者を釈放し、表現の自由と情報公開を求める両氏の権利を尊重するようかねて当局に要求してきた」と述べた。

また英国のチャッグ駐ミャンマー大使は欧州連合(EU)を代表して発言し、判決は「法の支配に対する大きな打撃だ」と批判した。

[ヤンゴン 3日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月