最新記事

北朝鮮

北朝鮮、外国人旅行客の入国を突然停止 酷暑による電力不足か?

2018年8月15日(水)17時30分
中野鷹

雨の平壌 2017年8月撮影

<北朝鮮が突然、外国人旅行客の入国を停止した。大雨被害の復旧と言うが、酷暑による電力不足の可能性もある...>

「数年前のエボラ出血熱感染防止を理由に突然鎖国された悪夢を思い出す」と中国の旅行会社は肩を落とす。今月8日午後に届いた通知文には、「10日から20日まで外国人観光客の入国を停止する。理由は大雨によってホテル、観光地、道路に大きな被害が出ており復旧工事をするため」とわずか5行の通達だった。

今回の通知が異例なのは、その送り主にある。8日の通知は「朝鮮国際体育旅行社」からで、北朝鮮の一旅行会社が国の重要事項について送ってきたからだ。異例な事態はこの後も続き、10日には「朝鮮国際青少年旅行社」、同日に「金剛山国際旅行社」から相次いで入国停止についての告知が届いた。

nakano02.jpg

中国の旅行会社へ届いた金剛山国際旅行社名義の緊急告知

しかも内容が微妙に異なり、入国停止期間も工事にかかる日数が、20日ほどだったり25日間だったりと統一性がなく、最長期間で数えると9月5日まで入国停止となるようだ。

「通常、このような重要な通知は旅行会社からではなく、すべての旅行会社を統括する観光総局の名前で出されるのが通例なのですが、どういうわけか今回は個別の旅行会社名義で届き、どれが正しいのか分からず困惑しています。しかも、キャンセル料の負担についての言及もないので、ツアーのキャンセル料は手配旅行社負担になりそうです」(中国丹東の旅行会社)

北朝鮮には、朝鮮人民軍直轄や労働党系など旅行会社が数十社あり、近年は中国人専門の旅行会社などが誕生するなど、その数を増やしている。それらから告知がバラバラに届いている状態なのだ。

本当に大雨の被害があったのか?

入国停止の理由が、大雨によって受けた被害でホテルが利用できない、観光地や道路の復旧工事のため、とあるが、今月6日まで平壌や羅先を旅行していた日本人旅行者に聞いてみると、

「北朝鮮も連日暑かったです。滞在中は雨も降らず、今年は農作物が心配になるとガイドさんが言ってました。出国時も問題なく中国経由でロシアを訪れてから帰国しましたが、中国、ロシアでも雨は降りませんでした」

北朝鮮や中国のニュースを探しても、先月上旬に西日本を襲った豪雨のときに北朝鮮でも大雨だったとの報道はあるが、それ以降は特に見当たらない。本当に平壌はホテルが利用できないほどの大雨被害を受けているのか、つい先日まで平壌にいた人の話からもかなり疑わしいと言わざるをえない。

「入国停止は、来月9日の建国記念日とその後3週間続くマスゲームへ向けて準備なのでしょうが、北朝鮮は大きなチャンスと捉えているようです。当初予定されていた9月末の秋の平壌マラソンも事実上取り止め、開催に含みを持たせていた大同江ビール祭りもやらないようです。それだけマスゲームによる外貨収入が大きいのでしょう。2013年まで最高席は300ユーロだったのが、今回は3倍近い800ユーロになっています。さすがにこれはやりすぎかと思いますが、それだけ強気になれるくらい集客に自信があるのでしょう」(瀋陽の旅行会社代表)

酷暑で深刻な電力不足の可能性

一方、本当の理由は、北朝鮮が慢性的に苦しめられている問題なのではないかと指摘する声もある。

「この酷暑で深刻な電力不足に陥り、未来科学者通りをライトアップしたりするような、外国人観光客へ電力を回す余裕がないと考えるほうが自然です。平壌はここ数年で大きく発展していますが、電力事情自体は大きく向上していませんから」(北朝鮮と交易する中国人貿易商)

11日に中朝国境の丹東にある北朝鮮の旅行会社支社へ確認すると、確かに10日から全外国人旅行客の入国は停止されているとの返答で、入国再開は9月5日よりも早まる可能性もあるとのことだった。

なお、11日未明に発覚した北朝鮮での日本人拘束と今回の入国停止の関連性は低いと考えられるが、一体、今、北朝鮮で何が起きているのだろうか。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 7

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 10

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月