最新記事

韓国社会

韓国版「働き方改革」にイエローカード? 炎天下での長時間労働でドラマ撮影スタッフが過労死

2018年8月10日(金)17時14分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

SBSはドラマ「三十ですが十七です」の6日の放送で、次回予告の後に亡くなったスタッフAさんを追悼するメッセージを流した。SBS放送画面より

<日本同様、観測記録を更新する酷暑に見舞われている韓国。そんな炎天下で長時間労働をしていた若者が過労死した。文在寅大統領の働き方改革は可能なのか?>

今年の日本の猛暑は連日ニュースでも大きく上げられるほど深刻な問題になっているが、お隣りの韓国も日本と同じく今年は記録的猛暑だ。8月5日には、江原道の洪川で韓国気象観測始まって以来の最高気温となる40.3度を観測した。日本に負けないくらいの"酷暑"になっているが、韓国は冬は零下15度にもなる事を考えると、夏冬の気温差は50度にもなる。日本より寒暖差が激しく、その分問題が深刻化している。日本同様、熱中症で病院に運ばれる人も今年は多く3438名。そのうち42名が亡くなったという(8月7日現在)。

この記録的猛暑は、テレビ界にも影響を与えている。特に野外ロケの多いバラエティ番組は出演者とスタッフの健康を考慮して野外撮影を中止したり、野外撮影自体減らしているという。KBSの人気番組「ハッピーサンデー1泊2日」は野外ロケがメインの番組だが、8月3〜4日に予定していた撮影をスタッフの健康状態を考慮して中止したと発表。続いて他の地上波放送局MBCとSBSも、気温が上がる昼には室内撮影をし、日が落ちてからロケをするようスケジュールを調整しているという。

SBS関係者は「現在スタッフには十分に休憩時間を提供し、週68時間以内の撮影を徹底している」と発表した。しかし、そのSBSの人気ドラマ「三十ですが十七です」の撮影スタッフが過労死するという悲劇が起こり、韓国国内では放送関係スタッフの労働環境なども含めて問題視され、波紋を呼んでいる。

問題となったドラマ「三十ですが十七です」は7月からスタートしたSBSのラブコメディー。今最も人気がある若手俳優ヤン・セジョンとシン・ヘソンが主役を務めることで放送開始前から注目を集めていた。

この番組の撮影スタッフのAさん(30歳)は、7月31日自宅で亡くなっているのを発見された。8月3日には解剖の結果、死因は内因性脳出血だったと発表されたが、普段Aさんは健康に何の問題もなかったたことから、撮影スケジュールが連日の猛暑のなか行われるなど、「テレビドラマの撮影現場での劣悪な制作環境が今回の死因に関係している。これは過労死ではないか?」という指摘が集まった。

ニュース速報

ビジネス

米国株は2%超反発、好調な企業決算や指標受け

ビジネス

ドル横ばい、リスク選好度改善で新興国通貨上昇=NY

ビジネス

カナダ、対米報復関税の対象品縮小 自動車メーカーに

ビジネス

FRBは「最大の脅威」=トランプ米大統領

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中

  • 3

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人は要注意

  • 4

    日本は中国との闘い方を知らない

  • 5

    色あせる中国「一帯一路」 IMF・世界銀行の総会で批…

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月