最新記事

マレーシア

絶滅危惧種のボルネオゾウ、ヤシの実を食べて射殺される

Endangered Pygmy Elephant Shot Dead

2018年7月27日(金)16時10分
リサ・スピアー

首に研究用の発信機を付けたボルネオ島の希少種ボルネオゾウ。小型なのでピグミー・エレファントとも呼ばれる(2009年) Ahim Rani-REUTERS

<5月にも6頭の死体が見つかったばかり。この争いを止めなければ、小柄でベビーフェイスのボルネオゾウが地球上から姿を消してしまう>

マレーシアのボルネオ島サバ州で、絶滅危惧種のボルネオゾウが射殺された。アブラヤシ農園を荒らされた村人の報復、とみられている。

サバ州野生生物局は、4歳前後とみられる雄のボルネオゾウ1頭の死体が、7月23日に集落の道端で発見されたと発表した。現在犯人を捜索中だと、責任者のオーガスティン・トゥーガはAFPに語った。

「作物を荒らした報復として殺されたのだろう」、とトゥーガは言った。パーム油を取るために栽培されているアブラヤシの実は、ボルネオゾウの大好物だ。

アブラヤシ農園を荒らして射殺されたボルネオゾウ


死因は銃弾が右腹を貫通したことによる大量出血。「腸の一部は引き裂かれていた」、と同局の広報担当者、シティ・ナーエイン・アンプアン・アチェはマレーシアの英字紙ザ・スターに語った。

「ひどい仕打ちだ」、とトゥーガは言った。

毒殺するほど憎い

ボルネオゾウはピグミー・エレファントとも呼ばれる小型のゾウ。ベビーフェイスと大きな耳が特徴で、尻尾は地面につくほど長い。世界自然保護基金(WWF)によれば、野生の生息数は推定でわずか1500頭まで減少している。

ボルネオ島の熱帯雨林に生息し、時折、象牙を狙う密漁者の犠牲になってきた。だが今回は牙が無傷で残されていたことから、密漁者の犯行ではなさそうだという。

マレーシアの熱帯雨林では多くの希少種の生息数が激減しており、ボルネオゾウもその一つ、とAFPは伝えている。植物油として日本でも需要が急拡大しているパーム油を生産するため、人間が森林を燃やして野生動物の生息地をどんどん破壊しているからだ。

今年5月には、マレーシアにあるアブラヤシの農園で、6頭のボルネオゾウが死んでいるのが発見された。野生生物局は、ゾウたちが化学肥料を偶然口にしたのかもしれない、と考えた。あるいは、ゾウたちの水飲み場に毒が盛られていた可能性もあると、ある保護活動家はザ・スター紙に語った。

2017年4月以降に見つかっただけで、少なくとも18頭が殺されている。そのほとんどが、密漁か毒殺によるものだ。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

トルコ、米電化製品を「ボイコット」 大統領がドル売

ワールド

伊ジェノバで高速道路の橋が崩落、少なくとも22人死

ワールド

英国会議事堂前で車が突っ込み2人負傷、男1人を逮捕

ビジネス

中国、固定資産投資が過去最低の伸び 一連の指標で景

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月