最新記事

マレーシア

絶滅危惧種のボルネオゾウ、ヤシの実を食べて射殺される

Endangered Pygmy Elephant Shot Dead

2018年7月27日(金)16時10分
リサ・スピアー

首に研究用の発信機を付けたボルネオ島の希少種ボルネオゾウ。小型なのでピグミー・エレファントとも呼ばれる(2009年) Ahim Rani-REUTERS

<5月にも6頭の死体が見つかったばかり。この争いを止めなければ、小柄でベビーフェイスのボルネオゾウが地球上から姿を消してしまう>

マレーシアのボルネオ島サバ州で、絶滅危惧種のボルネオゾウが射殺された。アブラヤシ農園を荒らされた村人の報復、とみられている。

サバ州野生生物局は、4歳前後とみられる雄のボルネオゾウ1頭の死体が、7月23日に集落の道端で発見されたと発表した。現在犯人を捜索中だと、責任者のオーガスティン・トゥーガはAFPに語った。

「作物を荒らした報復として殺されたのだろう」、とトゥーガは言った。パーム油を取るために栽培されているアブラヤシの実は、ボルネオゾウの大好物だ。

アブラヤシ農園を荒らして射殺されたボルネオゾウ


死因は銃弾が右腹を貫通したことによる大量出血。「腸の一部は引き裂かれていた」、と同局の広報担当者、シティ・ナーエイン・アンプアン・アチェはマレーシアの英字紙ザ・スターに語った。

「ひどい仕打ちだ」、とトゥーガは言った。

毒殺するほど憎い

ボルネオゾウはピグミー・エレファントとも呼ばれる小型のゾウ。ベビーフェイスと大きな耳が特徴で、尻尾は地面につくほど長い。世界自然保護基金(WWF)によれば、野生の生息数は推定でわずか1500頭まで減少している。

ボルネオ島の熱帯雨林に生息し、時折、象牙を狙う密漁者の犠牲になってきた。だが今回は牙が無傷で残されていたことから、密漁者の犯行ではなさそうだという。

マレーシアの熱帯雨林では多くの希少種の生息数が激減しており、ボルネオゾウもその一つ、とAFPは伝えている。植物油として日本でも需要が急拡大しているパーム油を生産するため、人間が森林を燃やして野生動物の生息地をどんどん破壊しているからだ。

今年5月には、マレーシアにあるアブラヤシの農園で、6頭のボルネオゾウが死んでいるのが発見された。野生生物局は、ゾウたちが化学肥料を偶然口にしたのかもしれない、と考えた。あるいは、ゾウたちの水飲み場に毒が盛られていた可能性もあると、ある保護活動家はザ・スター紙に語った。

2017年4月以降に見つかっただけで、少なくとも18頭が殺されている。そのほとんどが、密漁か毒殺によるものだ。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

サウジ記者死亡は「極悪な殺人」、真相解明へ=トルコ

ビジネス

イタリア、予算案修正せず 赤字増やさない方針もEU

ワールド

中米移民北上は国家の非常事態、軍などに警戒指示=米

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 10

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月