最新記事

宇宙旅行

ジェフ・ベゾスは、宇宙でも堅実か? 来年にも宇宙旅行のチケット発売へ

2018年7月23日(月)14時45分
鳥嶋真也

ブルー・オリジンの宇宙旅行用ロケット「ニュー・シェパード」 (C) Blue Origin

<ジェフ・ベゾスの宇宙企業「ブルー・オリジン」が、重要な試験に成功し、来年にも搭乗券の販売を予定している>

実業家ジェフ・ベゾス氏の宇宙企業「ブルー・オリジン」は2018年7月19日(現地時間18日)、開発中のロケット「ニュー・シェパード」の、通算9回目となる試験飛行に成功した。先月には同社幹部が「2019年にも搭乗券の販売を開始したい」と発言するなど、宇宙旅行の実現がいよいよ近づいてきた。

ブルー・オリジンとニュー・シェパード

ブルー・オリジン(Blue Origin)は、Amazon.comの創業者でCEO、またワシントン・ポスト紙のオーナーとしても知られる大富豪ジェフ・ベゾス氏によって立ち上げられた宇宙企業である。

設立は2001年で、イーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX」よりも1年早い。知名度やTwitterのフォロワー数こそスペースXに負けるが、同じくらい高い技術力と、そしてスペースXを超える資金力をもつ有力企業である。

ニュー・シェパード(New Shepard)は同社が開発中のロケットで、高度100kmの宇宙空間まで到達する能力をもつ。

先端には「クルー・モジュール」と呼ばれるカプセル(宇宙船)が搭載されており、最大6人の乗員・乗客を乗せたり、実験・観測装置を積んだりすることができる。

先日打ち上げ実験を行った、インターステラテクノロジズのロケットと同じく、人工衛星を打ち上げる能力はないが、高度100kmといえば十分に宇宙なので、真っ暗な宇宙空間と青い地球を眺めることができる。また、自由落下中の宇宙船の中は微小重力環境(いわゆる無重力状態)になるため、わずか数分間ではあるものの、「宇宙旅行」を楽しむことができる。

また、ロケットも宇宙船も再使用することができ、運用コストの低減が図られている。

BO002a.jpg打ち上げを待つ宇宙旅行用ロケット「ニュー・シェパード」 (C) Blue Origin

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:好調の米国株、「ワイルドカード」はワクチ

ワールド

アングル:トルコリラに強気の海外勢、慎重な国内勢と

ビジネス

スペインのBBVAとサバデル、合併交渉打ち切り 条

ワールド

イラン、核科学者暗殺で報復宣言 イスラエル関与「重

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    バイデンとの関係に苦慮する文在寅政権

  • 9

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 10

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 5

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 6

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月