最新記事

宇宙旅行

ジェフ・ベゾスは、宇宙でも堅実か? 来年にも宇宙旅行のチケット発売へ

2018年7月23日(月)14時45分
鳥嶋真也

ブルー・オリジンの宇宙旅行用ロケット「ニュー・シェパード」 (C) Blue Origin

<ジェフ・ベゾスの宇宙企業「ブルー・オリジン」が、重要な試験に成功し、来年にも搭乗券の販売を予定している>

実業家ジェフ・ベゾス氏の宇宙企業「ブルー・オリジン」は2018年7月19日(現地時間18日)、開発中のロケット「ニュー・シェパード」の、通算9回目となる試験飛行に成功した。先月には同社幹部が「2019年にも搭乗券の販売を開始したい」と発言するなど、宇宙旅行の実現がいよいよ近づいてきた。

ブルー・オリジンとニュー・シェパード

ブルー・オリジン(Blue Origin)は、Amazon.comの創業者でCEO、またワシントン・ポスト紙のオーナーとしても知られる大富豪ジェフ・ベゾス氏によって立ち上げられた宇宙企業である。

設立は2001年で、イーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX」よりも1年早い。知名度やTwitterのフォロワー数こそスペースXに負けるが、同じくらい高い技術力と、そしてスペースXを超える資金力をもつ有力企業である。

ニュー・シェパード(New Shepard)は同社が開発中のロケットで、高度100kmの宇宙空間まで到達する能力をもつ。

先端には「クルー・モジュール」と呼ばれるカプセル(宇宙船)が搭載されており、最大6人の乗員・乗客を乗せたり、実験・観測装置を積んだりすることができる。

先日打ち上げ実験を行った、インターステラテクノロジズのロケットと同じく、人工衛星を打ち上げる能力はないが、高度100kmといえば十分に宇宙なので、真っ暗な宇宙空間と青い地球を眺めることができる。また、自由落下中の宇宙船の中は微小重力環境(いわゆる無重力状態)になるため、わずか数分間ではあるものの、「宇宙旅行」を楽しむことができる。

また、ロケットも宇宙船も再使用することができ、運用コストの低減が図られている。

BO002a.jpg打ち上げを待つ宇宙旅行用ロケット「ニュー・シェパード」 (C) Blue Origin

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB、喫緊の緩和不要 インフレ年内低迷=デギンド

ビジネス

米失業保険申請83.7万件に減少、高止まりで追加支

ビジネス

東証が全銘柄の取引を終日停止、社長「責任痛感」 2

ワールド

フィリピン中銀、政策金利据え置き 110億ドルの財

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月