最新記事

金融政策

トランプ、くるくる変わる「ドル発言」の影響度は?

2018年7月21日(土)14時48分

 7月19日、トランプ米大統領が、ドル高は「米国にとって不利」だと述べたことで、ドル相場は即座に下落した。ただし大統領がドルについて、時として矛盾する率直な発言をするのは、今に始まったことではない。写真は2016年、サウスカロライナでの大統領選挙活動中、支援者の5ドル札にサインするトランプ氏(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

トランプ米大統領が19日、ドル高は「米国にとって不利」だと述べたことで、ドル相場は即座に下落した。ただしトランプ氏がドルについて、時として矛盾する率直な発言をするのは、今に始まったことではない。

従来の米大統領は、金融市場に直接干渉していると見られるのを警戒し、ドル相場に直接言及するのを避けるのが普通だった。もっとも、政策や微妙な示唆によって相場に影響を及ぼすことはあった。

ジョーンズトレーディングの首席市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「ほとんどの大統領ならしない発言がある。金融政策は連邦準備理事会(FRB)に、ドルのことは財務長官に任せるものだった。しかしドナルド・トランプ氏は大方の大統領とは異なる」と話す。

トランプ氏はCNBCテレビのインタビューで利上げにも言及し、米国を不利な立場に置くと述べた。

トランプ氏は従来の大統領より遥かに頻繁に為替について発言しており、その時々でドル高、ドル安、どちらが望ましいと考えているかが変わる。

大統領選後にドルが上昇していた2017年1月には、ドルが「強すぎる」と発言。同年4月にも同じ姿勢を重ねて示したが、7月には「あまり強すぎない」ドルが好きだと述べた。しかしドルが下落した今年1月には強いドルを望むとしている。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は過去3カ月間で約6%上昇した。ドル高の要因は強い米経済指標、金利上昇、貿易戦争によるインフレ圧力と米貿易赤字縮小の可能性で、トランプ氏自身の政策に起因する面もある。

トランプ氏は、不公平な貿易が米貿易赤字と製造業の雇用減少の原因だとしているが、ドル高は米国の輸出価格を割高にしてしまう。

イートン・バンス・マネジメントのグローバル・インカム・グループ共同ディレクター、エリック・スタイン氏は「ドル高は彼自身の通商政策を損なう。今後もドル安に誘導する発言が相次ぎそうだ」と言う。

一方、トランプ氏の発言による影響は長続きしないと見るトレーダーもいる。

19日にはトランプ氏の発言を受けてドルが一時下落したが、その後やや反発した。ここ数週間、投資家はドル上昇への自信を深めている。

オルーク氏は「(第2・四半期は)は国内総生産(GDP)の4%成長が見込まれ、失業率が過去最低を記録し、失業保険申請は50年ぶりの低水準となり、インフレは公式目標を上回るだろう。これでドルが上昇しなければ驚きだ」と語った。

(Trevor Hunnicutt記者 Saqib Iqbal Ahmed記者)



[ニューヨーク 19日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月