最新記事

宇宙ベンチャー

インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げに失敗も「次につながる失敗」

2018年7月3日(火)19時30分
鳥嶋真也

「次につながる失敗」

失敗後に行われた記者会見では、まだ調査が始まったばかりで原因は不明なものの、いくつかの情報が明らかにされた。

まずロケットエンジンが燃焼を始め、機体が上昇し始めた直後に、エンジンの燃焼室の圧力が低下。さらにその後、発射から4秒後には完全に圧力がなくなり、エンジンの推力を失ったという。その結果、ロケットは墜落した。

このことから、関係者らはエンジンになんらかの問題が起きたものと推定している。

ただ、他の箇所で発生した問題が引き金となってエンジンに異常が起きた可能性もあるため、エンジンが主原因とは断定できないという。また、問題が設計に由来するものなのか、それとも製造過程(組み立てや品質など)に由来するものなのかも、断定できる情報はまだないとしている。

ちなみに同型のエンジンは、過去に40回ほど地上で燃焼試験を行っているが、こうしたことは起こらなかったという。ただ、同社では過去のデータも改めて精査するという。

また、原因究明にはIST社員のほか、外部の有識者にも協力を求めるとしている。ちなみに同社は、1号機の失敗時にも有志のロケット開発経験者の協力で原因究明を行っている。

ISTの稲川貴大(いながわ・たかひろ)社長は「明確な失敗だが、完全な失敗ではない」と強調。「完全な失敗とは『データが取れない』、『なにも残らない』ものだが、今回はデータは取れており、カメラによる記録も残り、機体の一部も残っている。原因の究明ができるため、次につながる失敗だと捉えている」と、前向きな姿勢を示した。

「現場は前向き。モチベーションは高い」

同社によると、MOMOの3号機を開発、打ち上げるのかなど、今後の計画については「現段階ではまだなにも決めていない」という。

ただ稲川氏は「大変なことがあるだろうという覚悟を決めて(ロケット開発を)始めている。現場は前向きに、次に向かっている。モチベーションは落ちていない」とし、原因究明と次の打ち上げに向けた決意を示した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシアIT技術者の大量出国止まらず、政府は動員除外

ビジネス

スタグフレーションのリスク長期化も=世銀総裁

ワールド

豪CPI、8月は前年比+6.8%に減速 ガソリン値

ビジネス

中国、第4四半期に2.5兆元の国債発行を計画=関係

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月