最新記事

韓国社会

デッドプールからセウォル号遺族までディスる韓国ネットの闇「イルベ」とは

2018年6月15日(金)20時30分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

ネット上だけではなくリアル社会でもデマを流すなど問題を起こす「イルベ」。写真はタイムズスクエアに流された故・盧武鉉元大統領のニセ広告 (c) YTN / YouTube

<本人認証のシステムが導入されて、あらゆるネットサービスが充実している韓国。だが、一方では過激な闇の世界も存在している──>

日本でも6月1日に公開された「デッドプール2」。スーパーヒーローもの全盛期の昨今、一風変わった無責任おふざけヒーローとして根強いファン層を持つ作品だ。韓国でもスーパーヒーローものは人気のジャンルで、今回の韓国封切時には主人公を演じたハリウッド俳優ライアン・レイノルズが訪韓。バラエティー歌番組「覆面歌王 King of Masked」に出演し、その歌声を披露するなど話題となった。おかげで映画もヒットし封切り初日から5日間は観客動員トップとなり、15日現在で377万人動員のヒットとなっている。

さて、前作パート1は2年前の2016年に公開されたのだが、その際ニュースとなったのがポスターの著作権問題である。普通、スーパーヒーロー物の映画と言えば派手な背景に、主役が中央でかっこよくポーズを決めているものが多いが、デッドプールに関しては、シンプルに白の背景に主人公が可愛いポーズで振り返っているデザインだった。

このポスターの一部、デッドプールの足のバックル部分に手を加えられた"フェイクバージョン"が高画質でネット上に流されてしまったのだ。ポスターを検索すると検索サイトの上位に"フェイクバージョン"が表示され、映画ファンを混乱させることとなり、広報を担当した会社オールザットシネマ社は「著作権問題にかかわる」として注意を呼び掛ける事態となった。この騒ぎの犯人こそ、韓国の2ちゃんねるとも言われる「イルベ」の人びとだ。

「イルベ(일베)」とは、ネットコミュニティーサイト「日刊ベスト貯蔵所(일베저장소)」の略である。2010年に立ち上げられ、元々は「DCインサイド」という別サイトのコメディプログラム部門の一部が分裂し活動を始めた。問題となったデッドプールのポスターは、足バックル部分にㅇㅂが刻まれていた。これは彼らの名前「イルベ」のハングル頭文字を取ってあらわしたものである。

デッドプールに限らず、他にもイルベたちによって、様々ないたずらがされてきた。日本でも公開された「プリースト 悪魔を葬る者」「暗殺」「王の運命 歴史を変えた八日間」などを含む多くの映画もその対象にされてきた。主にイルベのハングルイニシャルや、イルベを手で表したマークを合成したものだ。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月