最新記事

韓国社会

デッドプールからセウォル号遺族までディスる韓国ネットの闇「イルベ」とは

2018年6月15日(金)20時30分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

ネット上だけではなくリアル社会でもデマを流すなど問題を起こす「イルベ」。写真はタイムズスクエアに流された故・盧武鉉元大統領のニセ広告 (c) YTN / YouTube

<本人認証のシステムが導入されて、あらゆるネットサービスが充実している韓国。だが、一方では過激な闇の世界も存在している──>

日本でも6月1日に公開された「デッドプール2」。スーパーヒーローもの全盛期の昨今、一風変わった無責任おふざけヒーローとして根強いファン層を持つ作品だ。韓国でもスーパーヒーローものは人気のジャンルで、今回の韓国封切時には主人公を演じたハリウッド俳優ライアン・レイノルズが訪韓。バラエティー歌番組「覆面歌王 King of Masked」に出演し、その歌声を披露するなど話題となった。おかげで映画もヒットし封切り初日から5日間は観客動員トップとなり、15日現在で377万人動員のヒットとなっている。

さて、前作パート1は2年前の2016年に公開されたのだが、その際ニュースとなったのがポスターの著作権問題である。普通、スーパーヒーロー物の映画と言えば派手な背景に、主役が中央でかっこよくポーズを決めているものが多いが、デッドプールに関しては、シンプルに白の背景に主人公が可愛いポーズで振り返っているデザインだった。

このポスターの一部、デッドプールの足のバックル部分に手を加えられた"フェイクバージョン"が高画質でネット上に流されてしまったのだ。ポスターを検索すると検索サイトの上位に"フェイクバージョン"が表示され、映画ファンを混乱させることとなり、広報を担当した会社オールザットシネマ社は「著作権問題にかかわる」として注意を呼び掛ける事態となった。この騒ぎの犯人こそ、韓国の2ちゃんねるとも言われる「イルベ」の人びとだ。

「イルベ(일베)」とは、ネットコミュニティーサイト「日刊ベスト貯蔵所(일베저장소)」の略である。2010年に立ち上げられ、元々は「DCインサイド」という別サイトのコメディプログラム部門の一部が分裂し活動を始めた。問題となったデッドプールのポスターは、足バックル部分にㅇㅂが刻まれていた。これは彼らの名前「イルベ」のハングル頭文字を取ってあらわしたものである。

デッドプールに限らず、他にもイルベたちによって、様々ないたずらがされてきた。日本でも公開された「プリースト 悪魔を葬る者」「暗殺」「王の運命 歴史を変えた八日間」などを含む多くの映画もその対象にされてきた。主にイルベのハングルイニシャルや、イルベを手で表したマークを合成したものだ。

ニュース速報

ビジネス

全容解明と再発防止の徹底が経営責任=スズキ社長

ビジネス

独ダイムラー、次期CEOに初の外国人 ツェッチェ氏

ビジネス

アングル:日本郵政の企業統治に踏み込む金融庁、限度

ビジネス

ユーロ圏の成長リスク、過度に懸念せず=プラートEC

MAGAZINE

特集:エアライン大革命

2018-10・ 2号(9/26発売)

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

人気ランキング

  • 1

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 2

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 3

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 9

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月