最新記事

アルコール

ペットボトルで市場拡大狙う「ノンアルビール」 アウトドアやオフィスでも

2018年6月8日(金)12時40分

6月7日、ビール大手がノンアルコールビールテイスト飲料の飲用シーン拡大を狙っている。アサヒビールとサントリービールはペットボトル入りのノンアルビールを新たに発売。写真は都内で2016年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

ビール大手がノンアルコールビールテイスト飲料の飲用シーン拡大を狙っている。アサヒビールとサントリービールはペットボトル入りのノンアルビールを新たに発売。ビールの代替としての需要から、キャップを閉めて持ち運べることなどから、アウトドアやスポーツ時、オフィスなど幅広いシチュエーションで楽しむことを提案する。

アサヒビールは、ペットボトル入りの「ドライゼロスパーク」を7月3日から8月末までの期間限定で発売する。同社の黒木誠也常務・マーケティング本部長は「新しい商品価値、経験価値を提案することで市場の拡大を図りたい」と述べている。

アサヒの商品は炭酸の強さを従来の缶製品に比べて30%高めた。2017年の清涼飲料市場では、アサヒの「ウィルキンソン」が前年比22%増の1990万ケースを売り上げるなど、無糖炭酸水に注目が集まっており、ノンアルビールもこうした価値を強調していく。

ペットボトル入りのノンアルビールは、サントリーも6月19日から「オールフリー オールタイム」をコンビニ限定で発売する。職場で気兼ねなく飲むことができるように「透明」、「ペットボトル」を採用したという。ボトルには、「ランチに」「会議中に」など、日中の需要を喚起する文言が並ぶ。

ノンアルビール市場は、2017年に1863万ケース(前年比5.3%増)と伸張。2018年も市場の拡大が見込まれている。アサヒの「ドライゼロ」ブランドは、17年に759万ケース(同2.5%増)となり、18年は780万ケースを見込んでいる。一方、サントリーは「オールフリー」ブランドは17年は前年割れしたものの、18年は伸長を計画している。

ノンアルビールが未成年の飲酒につながらないよう、小売店では、従来通り酒類売り場でのみ販売する。

(清水律子)

[東京 7日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が…

  • 8

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月