最新記事

アメリカ社会

新しい「窒素ガス」による死刑は完璧か? 薬物注射やガス室に比べるとマシだが欠陥だらけ

Nitrogen Should Not Be Used for the Death Penalty

2018年6月7日(木)17時33分
チャールズ・ブランク(米オレゴン健康科学大学医学部教授、腫瘍専門医)

アリゾナ州のガス室。ここで死刑を執行する FOX 10 Phoenix/YOUTUBE

<死にそこなわない、苦しまない、他の方法よりマシ、という3条件のうち、「窒素ガス」が満たすのは3つめだけ>

今から400年以上前、アメリカの記録に残る初めての国家による死刑として、大英帝国の植民地ジェームズタウンがスペインの諜報部隊を火あぶりにしてからというもの、アメリカは死刑囚を殺すのに使用する技術を探しあぐねてきた。

1976年以降の死刑執行件数は1476件に上り(年間0~98件)、全体の88%が薬物注射によるものだった。現在も死刑制度をもつのは全米50州のうち31州で、そのうち何州かは死刑執行を一時停止している。

死刑執行方法の改善を目指すオクラホマ州、アラバマ州、ミズーリ州の3つの州は2015年以降、「窒素ガス」を新たな選択肢に加えた。アメリカでは現在、薬物注射、ガス室(アメリカでは青酸ガス)、絞首が死刑執行の主な方法となっている。

アラバマ州の死刑執行施設。ほとんど誰も見ていない密室で行われる

窒素は空気中の約78%を占める無色、無味、無臭の気体だ。セラミックスや鉄の製造をはじめ、幅広い産業で使われている。毒性は低いが、高純度の窒素ガスの中で呼吸すると脳が酸欠状態になり、死に直結する。実際、窒素ガスによる中毒が原因の労災事故は、毎年多数報告されている。

従来の方法はすべて欠陥だらけ

だが、死刑のための使用を想定した正式な研究結果はない。それにもかかわらず支持者らは、窒素ガスを用いれば死刑囚はより早く、安らかに、人道的に死ねる、と主張している。

死刑執行に窒素ガスを使用するには3つの基準をクリアする必要がある。まず、確実に死ねるか。既存の方法より優れているか。「残酷で異常な刑罰」を禁じる合衆国憲法修正第8条に違反しないか。多分、答えはすべて「イエス」だ。

まず第一の点だが、死刑のための使用例はないにせよ、窒素ガスの殺傷能力が極めて高いことは間違いない。高純度の窒素ガスが充満した室内に入れば、1分以内(あるいは1~2回の呼吸)で意識を失い、すぐ死にいたるだろう。死刑囚がなかなか死なずに生き残ってしまう「失敗」の確率は、従来の死刑執行方法よりかなり低いはずだ。

従来の方法より優れているかどうかは、より難しい問題だ。死刑執行に新たな方法を導入するときは慎重にならなければならない。過去に導入した方法はどれも、理論上はどんなに優れたものでも現場で使えば欠陥だらけで、死刑囚に耐え難い苦痛を与えてきたからだ。

ニュース速報

ワールド

離脱協定は95%完了、EUの「安全策」には反対=メ

ワールド

イタリア、ユーロ圏加盟維持にコミット=副首相

ビジネス

正午のドルは112円後半、アジア株高を好感

ワールド

メルケル独首相、ディーゼル車走行禁止回避に向けた法

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 6

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月