最新記事

選挙

イギリス地方選、メイ首相の保守党ロンドンで敗北免れ 労働党苦戦

2018年5月7日(月)13時51分

5月4日、英国で地方選が行われ、メイ首相(写真)率いる保守党はロンドンで敗北を免れたほか、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の支持層の多い選挙区で議席数をわずかに伸ばした。写真は4日英ダドリーでの代表撮影(2018年/ロイター)

英国で4日地方選が行われ、メイ首相率いる保守党はロンドンで敗北を免れたほか、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の支持層の多い選挙区で議席数をわずかに伸ばした。一方、労働党は大勝の期待に応えられなかった。

EU離脱戦略を巡り議会が首相に反発する可能性が出ている中、今回の選挙は、首相に対する国民からの支持のバロメーターとなった。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で政治学を担当するトニー・トラバース教授は「8年政権にあった政府なら期待できる程度には良い結果」と分析。「メイ首相と保守党は概して安堵(あんど)しているだろう。保守党はブレグジットを巡る断続的な内戦状態に陥っているものの、(最大野党である)労働党の問題はそれよりもっと悪いということを示唆しているからだ」と述べた。

労働党は期待が高まっていたにもかかわらず、ジェレミー・コービン党首の下での最近の支持率回復が頭打ちになっていることを示す結果となった。

ロンドンでは32区で投票が行われ、保守党はサッチャー政権以降牙城としているワンズワース区で引き続き優位を維持した。トラバース教授は「労働党は、有権者をより広範に納得させていることを示すためには、地方選でもっと善戦しなければならなくなるだろう」と述べた。保守党は政治的中心地のウェストミンスター区でも優位を堅持した。

与党は地方選で苦戦する傾向があり、事前調査では保守党が9年ぶりに敗北を喫するとの予想が出ていた。

ロンドン以外では、ブレグジット支持層の多い東部ピーターバラと南東部バジルドンで、保守党が反EUを掲げる英国独立党(UKIP)などから議席を奪い、第1党となった。

一方の労働党は、集中的な選挙キャンペーンにもかかわらず、わずかな数しか議席を伸ばせず。コービン党首は党内での反ユダヤ主義をコントロールできていないとして批判されており、単独選挙区としてはユダヤ人の住民数が最大であるロンドンのバーネット区は保守党が優位となった。

2016年の国民投票で善戦したUKIPは今回、指導者を巡る問題から議席数を大幅に減らした。

[ロンドン 4日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

20221206issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年12月6日号(11月29日発売)は「台湾半導体 王国に迫るリスク」特集。急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国の野心から台湾を守るこの「シリコンの盾」に黄信号が灯る――


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国電への課徴金納付命令案、値上げ審査に影響与えず

ビジネス

韓国トラック運転手スト、物流混乱による損失12億ド

ビジネス

テスラ、中国でモデル3・モデルY43.5万台リコー

ワールド

中国、一部コロナ感染者の自宅隔離容認へ=関係筋

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月