最新記事

選挙

イギリス地方選、メイ首相の保守党ロンドンで敗北免れ 労働党苦戦

2018年5月7日(月)13時51分

5月4日、英国で地方選が行われ、メイ首相(写真)率いる保守党はロンドンで敗北を免れたほか、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の支持層の多い選挙区で議席数をわずかに伸ばした。写真は4日英ダドリーでの代表撮影(2018年/ロイター)

英国で4日地方選が行われ、メイ首相率いる保守党はロンドンで敗北を免れたほか、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の支持層の多い選挙区で議席数をわずかに伸ばした。一方、労働党は大勝の期待に応えられなかった。

EU離脱戦略を巡り議会が首相に反発する可能性が出ている中、今回の選挙は、首相に対する国民からの支持のバロメーターとなった。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で政治学を担当するトニー・トラバース教授は「8年政権にあった政府なら期待できる程度には良い結果」と分析。「メイ首相と保守党は概して安堵(あんど)しているだろう。保守党はブレグジットを巡る断続的な内戦状態に陥っているものの、(最大野党である)労働党の問題はそれよりもっと悪いということを示唆しているからだ」と述べた。

労働党は期待が高まっていたにもかかわらず、ジェレミー・コービン党首の下での最近の支持率回復が頭打ちになっていることを示す結果となった。

ロンドンでは32区で投票が行われ、保守党はサッチャー政権以降牙城としているワンズワース区で引き続き優位を維持した。トラバース教授は「労働党は、有権者をより広範に納得させていることを示すためには、地方選でもっと善戦しなければならなくなるだろう」と述べた。保守党は政治的中心地のウェストミンスター区でも優位を堅持した。

与党は地方選で苦戦する傾向があり、事前調査では保守党が9年ぶりに敗北を喫するとの予想が出ていた。

ロンドン以外では、ブレグジット支持層の多い東部ピーターバラと南東部バジルドンで、保守党が反EUを掲げる英国独立党(UKIP)などから議席を奪い、第1党となった。

一方の労働党は、集中的な選挙キャンペーンにもかかわらず、わずかな数しか議席を伸ばせず。コービン党首は党内での反ユダヤ主義をコントロールできていないとして批判されており、単独選挙区としてはユダヤ人の住民数が最大であるロンドンのバーネット区は保守党が優位となった。

2016年の国民投票で善戦したUKIPは今回、指導者を巡る問題から議席数を大幅に減らした。

[ロンドン 4日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 3

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月