最新記事

シリア

アメリカとトルコが危険地帯シリアで激突寸前

2018年3月28日(水)16時10分
チャールズ・カプチャン(米外交評議会上級研究員)

その見返りとしてトルコはアフリン攻撃から手を引き、PKKと距離を置くシリアのクルド人と実利的な関係に着手する必要がある。エルドアンは国内での強い指導力をてこに、PKKを含む幅広いクルド人社会と和解を目指すべきだ。トルコには1500万人近く、イラク北部とシリアにも数百万のクルド人がおり、軍事的に対立する戦略は行き詰まる。

19年の大統領選をにらみ強国路線を掲げている現在、エルドアンにPKKとの交渉に合意する先見の明はないようだ。だがYPGと対話を始めれば、エルドアンは大言壮語に釣り合う外交手腕を証明し、シリアの混乱から手を引くこともできる。

トルコは攻撃によって、かえってYPGをPKKに近づけている。YPGに手を差し伸べて、内戦後に国際的な支援と正統性を得たいクルド人の利害を利用すれば、PKKと切り離せる。

トルコはシリア北部に緩衝地帯を置いて、シリアのテロを遠ざけ、難民を帰す安全地帯を確保しようとしている。そのためには、シリア北部の大部分を支配しているクルド人の善意が欠かせない。

トルコは欧米、ロシア、イラン、近隣諸国と対立し、国内では民主主義が消えかけている。トルコを孤立から救うための第一歩は、米・トルコ両国がシリアのクルド人の今後に対して何らかの解決策で合意することだ。

From Foreign Policy Magazine

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

[2018年3月27日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

英住宅価格、3月は前月比横ばい 上昇途絶える

ワールド

インドネシア政府、首都のコロナ制限措置拡大要請を承

ビジネス

緊急経済対策で国債増発26.2兆円、市中分は過去最

ワールド

緊急事態宣言を発出、2週間後のピークアウト可能と安

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月