最新記事

配車サービス

中国の滴滴、宿敵ウーバー独占市場へ参入 剛腕手法は受け入れられるか

2018年3月27日(火)18時22分

3月19日、中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は、メキシコで宿敵ウーバーの急所を攻める準備を整えている。写真は2月、メキシコシティで車窓から見えるウーバーのロゴ(2018年 ロイタ―/Carlos Jasso)

メキシコシティーの先端的な地区にあるシェアオフィスの一角で、中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は、ひっそりと業務を進めつつ、宿敵ウーバーの急所を攻める準備を整えている。

メキシコはウーバー・テクノロジーズにとって最も重要で収益性の高い市場の1つだ。米サンフランシスコに本拠を置くウーバーはメキシコでほぼ独占状態を享受しており、40前後の都市で700万人のユーザーを抱えている。だからこそ滴滴出行は、この快適な状況からライバルを追い出したいと切望している。

ウーバーに勝つにはどうすればいいのか──。滴滴出行は露骨な戦略に訴えている。メキシコ事業チームのためにウーバーの従業員を引き抜いているのだ。

滴滴出行の戦略に詳しい関係者によれば、従業員が素姓を隠してウーバーのサービスを利用し、運転手と交わす車中での会話から弱点を突き止めようとしているという。同関係者によれば、滴滴出行はウーバーより大きな構想を持っており、メキシコで自転車、スクーター、オートバイのシェアリング事業を展開したいと計画しているという。

米アップルや日本のソフトバンク<9984.T>を含む世界の優良企業からの投資によって、滴滴出行は潤沢な資金を誇る。過去1年間に限っても、グローバルな事業拡大を支える資金として100億ドル(約1兆円)近くを集めている。

「滴滴出行と戦いたいとは思わない」と、北京で活動する投資家でアドバイザーのジェフリー・タウソン氏は語る。「彼らは負けない」

だが、滴滴出行がメキシコで宿敵に勝てるかどうかについては、確実とは言えない。アジア以外の地域で事業をゼロから立ち上げるのは初めての試みだ。コストのかかる企てとなる。

はっきりしているのは、滴滴出行が株式時価総額560億ドルというバリュエ―ションを正当化するために成長を続ける圧力にさらされているということだ。ラテンアメリカは以前からのライバルとの新たな戦場であり、滴滴出行にとっては敵地でのアウェイ戦だ。

IHSマークイットのアナリスト、ジェレミー・カールソン氏は「太平洋を越えるとなれば、話はまったく変わってくる」と話す。

ニュース速報

ビジネス

武田薬、製薬シャイアーに買収打診 1株約46.50

ワールド

焦点:新日米通商交渉、国内に2国間へ強い懸念 米T

ワールド

北朝鮮、「完全な非核化」への意思示す=韓国大統領

ワールド

財務省のセクハラ問題、調査方法の撤回求めて弁護士が

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる中国の態度に異変

  • 4

    何これ本物!?サッカーの試合でボールを審判に渡す…

  • 5

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 6

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 7

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 8

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    死んだ息子の精子で孫を......イスラエルで増える遺…

  • 1

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 2

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    北朝鮮「公開処刑」も暴く衛星画像分析から韓国が手…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月