最新記事

配車サービス

中国の滴滴、宿敵ウーバー独占市場へ参入 剛腕手法は受け入れられるか

2018年3月27日(火)18時22分

3月19日、中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は、メキシコで宿敵ウーバーの急所を攻める準備を整えている。写真は2月、メキシコシティで車窓から見えるウーバーのロゴ(2018年 ロイタ―/Carlos Jasso)

メキシコシティーの先端的な地区にあるシェアオフィスの一角で、中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は、ひっそりと業務を進めつつ、宿敵ウーバーの急所を攻める準備を整えている。

メキシコはウーバー・テクノロジーズにとって最も重要で収益性の高い市場の1つだ。米サンフランシスコに本拠を置くウーバーはメキシコでほぼ独占状態を享受しており、40前後の都市で700万人のユーザーを抱えている。だからこそ滴滴出行は、この快適な状況からライバルを追い出したいと切望している。

ウーバーに勝つにはどうすればいいのか──。滴滴出行は露骨な戦略に訴えている。メキシコ事業チームのためにウーバーの従業員を引き抜いているのだ。

滴滴出行の戦略に詳しい関係者によれば、従業員が素姓を隠してウーバーのサービスを利用し、運転手と交わす車中での会話から弱点を突き止めようとしているという。同関係者によれば、滴滴出行はウーバーより大きな構想を持っており、メキシコで自転車、スクーター、オートバイのシェアリング事業を展開したいと計画しているという。

米アップルや日本のソフトバンク<9984.T>を含む世界の優良企業からの投資によって、滴滴出行は潤沢な資金を誇る。過去1年間に限っても、グローバルな事業拡大を支える資金として100億ドル(約1兆円)近くを集めている。

「滴滴出行と戦いたいとは思わない」と、北京で活動する投資家でアドバイザーのジェフリー・タウソン氏は語る。「彼らは負けない」

だが、滴滴出行がメキシコで宿敵に勝てるかどうかについては、確実とは言えない。アジア以外の地域で事業をゼロから立ち上げるのは初めての試みだ。コストのかかる企てとなる。

はっきりしているのは、滴滴出行が株式時価総額560億ドルというバリュエ―ションを正当化するために成長を続ける圧力にさらされているということだ。ラテンアメリカは以前からのライバルとの新たな戦場であり、滴滴出行にとっては敵地でのアウェイ戦だ。

IHSマークイットのアナリスト、ジェレミー・カールソン氏は「太平洋を越えるとなれば、話はまったく変わってくる」と話す。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月