最新記事

性スキャンダル

ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながらも「正義」の鉄槌

2018年3月26日(月)17時17分
ジェイソン・ルミエール

ロングアイランドのストリップクラブ「ゴシップ・ニューヨーク」に出演したダニエルズ(2月23日) Eduardo Munoz-REUTERS

<これでトランプ政権の勢いは止まるのか? 一人のポルノ女優が、トランプの倒錯した性癖と暴力と金による口封じの手口を全米に告発>

ドナルド・トランプ米大統領と不倫関係にあったとされるポルノ女優ストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)が日曜夜(3月25日)、米CBSの報道番組「60ミニッツ」に出演した。トランプとの間に本当に何があったのかを話すとあって、全米の注目が集まった。

番組でダニエルズは、過去にトランプとの関係を暴露しようとしたときには見知らぬ男から脅迫を受けた、と語った。今回は、トランプの弁護士から2000万ドルの損害賠償を請求すると脅された。そんなリスクを冒しても、世間はこの話を聞くべきだと、ダニエルズは言った。

ダニエルズによれば、トランプと不倫関係にあったのは2006~2007年。2006年7月に米カリフォルニア州タホ湖で著名人が参加したゴルフトーナメントの際にトランプと性的関係を持ったという。当時ダニエルは27歳、トランプは60歳。トランプはメラニアと結婚してわずか1年、息子のバロンも生まれたばかりだった。

トランプは、雑誌の表紙に写真が載ったことがあると自慢したという。それが気に入らなかったダニエルズは、トランプに後ろを向いてズボンを下ろし、彼女が跨がれるよう四つん這いになれと言った。トランプは言われた通りにした。ダニエルズは、その雑誌でトランプの尻を叩いた。「ジョークよ」と、彼女は言った。

セックス中に娘を思い出す?

「それから先は、彼は完全に別人になった」と、ダニエルズは言った。「彼は自慢話するのをやめて、お互いにして欲しいことを求め合った。ずっとまともになったの」

その最中、トランプは長女イヴァンカの話をし始めた、とダニエルズは言う。「君は素晴らしい。娘を思い出すよ」「賢くて美しくて手ごわい。君が好きだ、好きだ」

コンドームは使ったのか司会者が聞くと、「いいえ」と、ダニエルズは答えた。「頼みもしなかった」

ダニエルズが家族のことを尋ねると、トランプは肩をすくめ、「心配しなくていい。妻とは寝る部屋も別々だ」と答えたという。

ダニエルズは2011年にもこの関係をメディアに話そうとした。だが幼い娘を連れてジムに行こうとしたとき、ラスベガスの駐車場で見知らぬ男に声をかけられた。「トランプに構うな。雑誌には喋るな」と、男は言った。最後に覗き込むように女の子を見て、「きれいな子だ。ママの身にもしものことがあったら大変だな」と言ったという。

今回のインタビューに応じたことで、ダニエルズはトランプから巨額の支払いを求められる可能性がある。今年1月に報じられたところでは、ダニエルズはトランプ側から13万ドルの口止め料を受け取っている。関係を口外すれば1回につき100万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしているのだ。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月