最新記事

米大統領選

トランプの対抗馬?バイデンの人知れぬ善行がネットで拡散、感激するアメリカ人

2018年3月13日(火)14時30分
シャンタル・ダ・シルバ

ヒラリー・クリントンの代わりに立候補していればトランプに圧勝できた、と言われるバイデン前副大統領 Brian Snyder-REUTERS

<トランプの野蛮さにうんざりしているアメリカ人にとってバイデン前副大統領がホームレスに見せた善意はまさに大統領のクオリティーだった!>

本当の人柄は、誰も見ていないときに出るものだ。

前米副大統領ジョー・バイデンがホームレスの男に話しかけている写真を見たとき、ワシントンのコンサルタント、ポール・エコーレはそう思った。

この写真を撮ったのは、たまたま通りかかったカレブ・ベイカ。それを先週金曜にエコーレがフェイスブックでシェアすると、たちまち拡散した。月曜までのシェア回数は12万8600件にのぼっている。

ジョー・バイデンは木曜の夜、孫娘を連れてワシントン郊外のジョージタウンの映画館に行った帰りだった。その途中でホームレスに話しかけたところを写真に撮られた。「本当の人柄は、誰も見ていないときに出るものだ」と、エコーレは書く。

写真を撮ったベイカによれば、バイデンは何かメモを書いてホームレスに渡したという。

この投稿をきっかけに、2020年の大統領選挙にバイデンを推す声が一段と強まっている。「(トランプとは)あまりに違い過ぎてすごい。これこそバイデンだ」と、あるフェイスブックユーザーは書く。「バイデンにとって家族には2つの意味がある。通常の家族のほか、彼が出会うすべての人間も家族なんだ」

【関連記事】トランプ不人気でバイデン大統領の現実味

バイデンは以前、トランプ政権を「悲劇」と呼んだ。ポリティコ誌の取材を受けたバイデンの側近は、大統領選への出馬が可能か検討していると言った。

バイデンは現在、2015年に脳腫瘍のため46歳で亡くなったボー・バイデンについて書いた小説の新刊ツアーの最中だ。


MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月