最新記事

貿易戦争

トランプの「理性なき貿易理論」にEUお手上げ──貿易戦争に突入か

2018年3月5日(月)17時40分
ダニエル・ポリティ(ジャーナリスト)

3月1日、ホワイトハウスの会合の席上で鉄鋼に25%、アルミに10%の関税をかける方針を明らかにしたトランプ米大統領 Kevin Lamarque-REUTERS

<鉄鋼やアルミへの輸入関税を発表したトランプ米大統領。同盟諸国から上がる反発にも挑発ツイートで応じている>

ドナルド・トランプ米大統領が打ち出した鉄鋼やアルミ製品への高い関税(それぞれ25%と10%)に、EUなどの同盟諸国は報復関税で対抗するとカンカンだ。そこにトランプはこうツイートした。「できるものならやってみろ」

本気で貿易戦争に火を付けるつもりなのか。トランプは3月3日、EUが報復するならEUからの輸入車に関税をかけると脅しをかけた。

フロリダ州にある別荘「マールアラーゴ」からトランプが発信した連続ツイートは、反発する諸外国の指導者たちへの回答だったとみられる。例えばカナダは、「通商上の利益と労働者を守るために対応措置を取る」と言っている。直接の標的とされる中国も、王毅外相が3日、「米国のやり方は根拠がない」と非難した。

トランプが「(貿易戦争になれば)簡単に勝てる」と言い放った直後には、欧州委員会のジャンクロード・ユンケル委員長がリーバイ・ストラウスのジーンズやバーボンウイスキーなどのアメリカを代表するブランドを標的にした輸入制限もその気になればできると発言。「とても理性的な方法とは言えないが、相手が理性的でないならやむをえない」と、ユンケルは言った。

ところが、最大の同盟相手であるEUに対するトランプの返答はこうだ。

「EUが今以上に高い関税や非関税障壁を設けるというなら、われわれはアメリカに流入し放題の欧州車に税金をかけるだけだ」とトランプはツイートした。ワシントン・ポストによれば、アメリカへの輸入乗用車の関税は2.5%だが、EUは輸入乗用車に10%の関税をかけているという。

(......EUは欧州でアメリカ車を販売できなくするつもりだ。大きな貿易不均衡だ!)


怒りの矛先はドイツにも

トランプが今回の通商政策について説明しようとしたと見られるツイートもある。「アメリカはいつも割を食っている」とトランプは言う。「他の国々は長年にわたりアメリカを利用し、アメリカの雇用と富を食い物にしてきた。彼らはアメリカの指導者の愚かさをあざ笑っているが、これ以上そんなことはさせない!」

(アメリカは年8000億ドルの貿易赤字を出しているが、それはアメリカの『非常にばかげた』通商条約と政策のせいだ)


トランプが欧州の自動車メーカーに対する驚くほど激しい思い込みを吐露するのはこれが初めてではない。特に怒りの集中砲火を浴びてきたのが欧州最大の自動車輸出国であるドイツだ。昨年、トランプはメキシコで製造した乗用車に35%の「国境税」をかけるとドイツなどの自動車メーカーを脅した。

「ドイツ人は悪い。非常に悪い。連中がアメリカで売っているたくさんの車を見るがいい。ひどい話だ」とトランプはEU当局者との非公開会合で述べたと伝えられている。「そんなことはやめさせるつもりだ」

(翻訳:村井裕美)

© 2018, Slate

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月