最新記事

南北対話

北朝鮮、4月末板門店で韓国と首脳会談で合意 軍事的脅威の解消で非核化にも応じる

2018年3月6日(火)20時19分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

3月6日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(写真右)は、韓国からの特使団(左)面談した。提供写真(2018年 ロイター/KCNA/via Reuters)

<5日から北朝鮮を訪問した韓国・文大統領の特使団は、訪朝結果として4月末に板門店で首脳会談を行うことで合意したと発表した>

韓国・文大統領の特使として5日から2日間北朝鮮を訪れていた韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は、帰国後の記者会見で4月末、板門店(パンムンジョム)の平和の家で、第3次南北首脳会談を開催することにしたと明らかにした。

韓国メディアNEWSISなどが伝えるところによると、鄭室長は同日、平壌から戻った直後、訪朝結果の会見を行い、南北首脳会談を含めて6項目の南北合意事項を伝えた。

これによると、韓国と北朝鮮は首脳会談を板門店の南側区域である平和の家で開催することで合意し、そのため具体的実務協議を進めていくことにした。

南北首脳会談は、これまで2回開催されてきたが、平壌ではなく板門店で行われることは初めてで、北朝鮮側が南北が対等に会話することに配慮したものとみられる。

また、南北は軍事的緊張緩和と緊密な協議のために、首脳間ホットラインを設置することにし、第3次南北首脳会談以前に最初の通話を行うことにした。

軍事的脅威が解消されれば非核化にも応じる

さらに鄭室長は「北朝鮮側は、朝鮮半島非核化の意志を明確にし、北朝鮮に対する軍事的脅威が解消されて体制の安全が保障されれば、核を保有する理由がないという点を明確にした」と語った。

また、「北朝鮮側は、非核化問題の協議及び米朝関係正常化に向けて米国と虚心坦懐な対話ができるという意思を表明した」と明らかにした。

さらに、鄭室長は「対話が持続される間、北朝鮮側は追加核実験および弾道ミサイル試験発射などの挑発行為を再開することはないことを明確にした。これと共に、北朝鮮は核兵器はもちろん、通常兵器を韓国側に向かって使用しないことを確約した」「平昌オリンピックのために延期された韓米合同軍事演習については、例年規模で行うことに金委員長も理解を示してくれた」と、北朝鮮側の変化を語った。

鄭室長は「最後に北朝鮮側は、平昌五輪に向けて醸成された南北間の和解と協力の良い雰囲気を保っていくため、韓国テコンドー師範団と芸術団の平壌訪問を招待した」と伝えた。

訪朝期間中の状況について鄭室長は「訪朝期間中、北朝鮮の金正恩国務委員長に会い、4時間以上を一緒に過ごしながら文大統領の親書と意思を伝えて、南北間の対話について幅広く論議した。これを通じて金委員長が朝鮮半島の平和と南北関係の発展に確固たる意志を持っているということを確認することができた」と評価した。

鄭室長はさらに「文大統領は訪朝結果の合意について前向きに評価し、今後、南北合意内容を支障なく履行せよと指示した」と伝えた。

北朝鮮の金委員長が非核化の前提として語った「北朝鮮に対する軍事的脅威が解消されること」が示すものがどのレベルのものかは不明だが、朝鮮半島をめぐる状況はまた新たな段階に入ったことは確かだ。

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 金正恩SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 金正恩

北朝鮮核危機 日本人が知らない全貌

Chapter 1 KIM JONG-UN

若き指導者の謎多きプロフィール

「暴君」金正恩の虚像と独裁国家の実像

最高指導者が暗殺されない理由

Chapter 2 MILITARY

ミサイル兵器は射程も脅威も拡大中

ミサイル実験「失敗」の真相

「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

北ミサイルの本当の実力は

世論に見る米核攻撃の現実味

Chapter 3 POLITICS

独裁者を悩ます中枢幹部の戦い

党大会で本格始動した正恩政権の「頼みの綱」 ほか

【紙版】

amazon.pngrakuten.png7net.pngtsutaya.png

【デジタル版】

kindle.pngkobo.pnghonto.pngbooklive.png

ニュース速報

ワールド

トルコ大統領選・議会選、エルドアン氏と与党・AKP

ワールド

OPEC非加盟国も増産に合意、規模は不透明

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 2

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出て…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月