最新記事

スキャンダル

天才起業家イーロン・マスクの実父(72)が義理の娘(30)に子供を産ませていた

2018年3月27日(火)16時00分
カシュミラ・ガンダー

父と同様、技術者・実業家として成功しているイーロン・マスク Mike Blake- REUTERS

<かつてイーロン・マスクが「邪悪」「犯罪者」と罵った実父が義理の娘と子供を作り、マスク家は現在、逆上中>

天才起業家として電気自動車(EV)の「テスラ」や宇宙開発ベンチャー「スペースX」を創業したイーロン・マスク(46)の実父エロール・マスク(72)が、元妻の連れ子で42歳年下の「娘」との間に最近、子どもを作っていたことがわかった。

エロールは技術者・投資家として起業、息子と同じく成功をおさめた南アフリカ人。10カ月前、30歳の義理の娘ジャナ・ベザイデンホウトに子供を産ませた。ベザイデンホウトは、エロールの2番目の妻ハイディの連れ子で、エロールが初めて会ったときは4歳だった。

エロールは英紙サンデー・タイムズのインタビューに応じ、エリオット・ラッシュと名付けた赤ん坊を「この上なく素晴らしい存在」だと述べた。

ベザイデンホウトは約2年前、ボーイフレンドと別れた後にエロールに連絡を取り、支援を求めたという。エロールはインタビューの中で、ベザイデンホウトとは長年離れて暮らしていたため、娘として見ていないと語っている。

「自然の流れだった」

エロールはサンデー・タイムズに対し、「私たちは孤独で、途方に暮れていた。いろいろなことが重なったんだ。神の思し召し、自然の流れ、と言ってもいい」と語った。再会の2カ月後、ベザイデンホウトは妊娠していると明かした。実父確定検査の結果、お腹の中にいるのはエロールの子どもだと判定された。エロールは、ベザイデンホウトと生まれた息子を経済的に支援しているが、一緒には暮らしていない。

エロールは英紙メール・オンラインの中でこう語っている。「予想外の出来事だったが、もちろん、エリオットを心から愛している」

エロールは現在独身だが、これまで4度結婚している。ハイディのことは「ほとんど覚えていない」とし、町で見かけてもわからないだろうと言う。エロールとハイディは18年間連れ添い、2人の子どもアレクサンドラとアシャをもうけた。報道によると、子どもたちはともに南アフリカの西ケープ州で暮らしている。

エロールは、エリオットが誕生したことで、ほかの家族との関係が悪化したことをほのめかした。しかし、それが原因で息子イーロン・マスクの怒りを買ったことについては否定している。

エロールは、娘のアレクサンドラ・"アリ"・マスクに対してエリオットの誕生を明かした時のことをこう話した。「(アレクサンドラは)私の頭がおかしいと言った。精神的な病だと。彼女がほかの家族に知らせると、みんな逆上した」

イーロンの母親でカナダ人のモデル兼栄養士のメイ・マスクがエロールと離婚したとき、イーロンは10歳だった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国新築住宅価格、5カ月連続で下落=11月民間調査

ビジネス

日経平均は反発、米引き締め警戒和らぐ 値がさ株堅調

ビジネス

物価見通し、想定以上に上がれば予防的に緩和修正可能

ワールド

北京でひそかにコロナ規制緩和、無症状者の多くは既に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月