最新記事

テクノロジー

ベッドのお供にスマートコンドーム

Smart Condom

2018年1月9日(火)16時00分
プリーティ・マヘシュワリ

記録されたデータはユーザーのスマートフォンに送信される Courtesy British Condoms

<セックスのパフォーマンス評価や性感染症予防もお任せ>

性交中の動きや持続力、セックスの頻度が気になる男性たちへ。「スマートコンドーム」を使えばそんなことには構わず、行為に集中できそうだ。

ブリティッシュコンドームズが新たに開発したi.Conスマートコンドームは、性交中の消費カロリー計算に加え、性行為のさまざまな「パフォーマンス評価」、さらに性感染症の検出もできる装置だ。

予定価格は59.99ポンド(約9000円)。見た目はコンドームではなく小さなバンドやブレスレットに近い。記録されたデータは、ユーザーのスマートフォンに送信される。男性器の根元あたりにぴったりフィットする形状だが、もちろん避妊するには通常のコンドームを着用する必要がある。

軽量で耐水性があり、洗浄もできて再利用可能。開発元のウェブサイトによると、ナノチップとブルートゥースを使って性交の持続力やピストンの速度、ペニスの太さなどの情報を測定し、ユーザーの性生活改善を助けるという。

マイクロUSBポートを備え、コンピューターにつなぐか電源コードで約1時間で充電できる(満充電時の動作時間は約6~8時間)。18年1月にイギリスで販売開始の予定。イギリスのニュースサイト、メトロUKによると、ブリティッシュコンドームズの広報担当者ジョン・シモンズはこう語っている。

「ウエアラブル・テクノロジーにとって全く新たな段階であり画期的な製品だと考えている。ベッドルームに新しい楽しみをもたらすだけでなく、潜在的な性感染症のリスクを検知し、コンドームがずれるのを防止することもできる。コンドームのずれは、イギリスにおける予想外の妊娠の主要原因の1つだ」

同社のウェブサイトによると、全てのデータは匿名の状態で保持される。ただし、ユーザーが最近のデータを友人たちと共有できるようにするオプションも提供する予定だという。実際には、世界中に自分のセックスデータを公開するようなものだ。i.Conのユーザーは匿名で統計情報にアクセスして、他のユーザーのデータと比較することができる。

そうなると心配なのは、やはりデータの流出やハッキングだ。セックスがらみの秘密は「究極の個人情報」。ベッドルームの外には出したくない。

<本誌2018年1月02&09日号掲載>


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

サウジ記者死亡は「極悪な殺人」、真相解明へ=トルコ

ビジネス

イタリア、予算案修正せず 赤字増やさない方針もEU

ワールド

中米移民北上は国家の非常事態、軍などに警戒指示=米

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 10

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月