最新記事

核・ミサイル開発

インドの新型ICBMで「中国全土が核攻撃の射程内」

India Test-Fires Agni-V Ballistic Nuclear Missile That Can Hit China

2018年1月19日(金)12時30分
クリスティーナ・チャオ

インドの新型ICBM「アグニV」は中国を射程内に(写真は12年の最初の発射実験) DRDO/REUTERS

<今週インドが射程5000キロ超のICBM「アグニV」の発射実験に成功したことを発表。インドは中国全土が核攻撃の射程内に入ったと主張している>

今週18日、インドは東部オリッサ州沖合の発射施設で、核弾頭が搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)「アグニV(ファイブ)」の5回目の発射実験に成功した。

今回の実験はアグニV開発の最終段階で、これによって陸上発射型ICBMとして実践配備に一歩近づいた。CNNによればアグニVの射程距離は約5000キロ以上で、中国北部までが射程内に入る。

インドのニルマラ・スタラマン国防相は18日、「本日午前9時53分、インドは射程5000キロのICBMアグニVの発射実験に成功した。ミサイルキャニスターはインド製で、ロケット装置は3段式。オリッサ州沖のアブドゥル・カラーム島から発射された」とツイートした。

アグニVはインドの防衛研究開発機関(DRDO)が進めるアグニシリーズミサイル開発の一部。高さ約17メートルで、2012年に最初の発射実験が実施され、昨年12月には4回目の発射実験が実施された。

元インド軍大佐のアジャイ・シュクラはCNNの取材に対し、インドは徐々に「複雑な発射実験のプロセス」に習熟してきている、と語っている。また、アグニVの最大射程には中国全土が入っていると主張した。

全米科学者連盟によると、インドは約130発の核弾頭を保有していると見られている。

インドのニュースチャンネルNDTVは、アグニVの今回の発射実験を伝えたうえで、これによって「ICBMを所持する超高級クラブ」でのインドの立場が保証されたと報じた。

中国の政府系メディア環球時報の英語版Global Timesは、今回のインドの実験について「世界のICBMクラブに入りたいインドの欲望」と非難した。また通常のICBMは8000キロ以上の射程があるが、アグニVの射程は5000キロしかないと批評している。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

ロシア大統領、2024年の任期切れに伴い退任する意

ビジネス

アングル:中国が約束した米国製品輸入増、ボトルネッ

ワールド

焦点:まひ状態のWTO裁定機能、トランプ氏が「首固

ビジネス

ドル指数、一時昨年11月以来の高水準 原油安受け資

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」 大物感漂う姿が話題 

  • 4

    米朝会談キャンセルで、得をしたのは中国を味方に付…

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 10

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 5

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメ…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 8

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 5

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメ…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月