最新記事

アメリカ社会

孤独なオタクをのみ込む極右旋風

2017年12月15日(金)17時30分
ウィリアム・ヒックス

極右勢力の登場でファーリーの世界に激しい対立が起きている(写真はシカゴ郊外のイベントに集まったファーリー) Jim Young-REUTERS

<動物キャラになり切ることを楽しむ「ファーリー」たち、その多くはリベラル派だがこの1年ほどで異変が起きている>

8月のその日、馬のジュニアス(20代前半)は、フィラデルフィア郊外のホテルのブースで反ファシズムのステッカーを配っていた。バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者の集会に抗議していたデモに自動車が突っ込み、1人が死亡する事件が起きたのは1週間前のことだった。

ジュニアスのブースにはフェネック(キツネの仲間)やマンチカン(ネコの仲間)など、さまざまな動物たちがステッカーを求めて行列をつくった。

もちろんジュニアスは本物の馬ではないし、列に並んでいたのもキツネやネコではない。彼らは「ファーリー」。お気に入りの動物キャラになり切り、その動物の仮装をする趣味・嗜好を持つ人たちのことである。この日は、フィラデルフィア近隣で初の大規模イベント「ファリデルフィア」が開かれていた。

ファーリーの多くは、性的マイノリティーで、極めて左翼的な思想の持ち主。自分たちは排除の論理を持たず、あらゆる性的指向の人と社会的な少数派を受け入れていると言う。

しかし、寛容の精神にも例外はある。昨年の米大統領選以降、ジュニアスとファーリーの仲間たちは、ファーリー界の極右勢力「オルト・ファーリー」と激しく対立している。

オルト・ファーリーは、ドナルド・トランプ大統領の支持層である「オルト・ライト(オルタナ右翼)」と同じく、白人至上主義・反グローバル主義の思想の信奉者だ。シャーロッツビルの白人至上主義集会に集まったような人たちと思えばいい。

始まりはツイッターのおふざけだった。最初は右派寄りのファーリーたちが「#AltFurries」というハッシュタグを使い、ファーリー関係の画像などと共にトランプ支持のメッセージを投稿していた。しかし次第に、「人種差別主義者」と批判されるような人たちも参入してきた。

大半のオルト・ファーリーはもっぱらオンライン上で活動しているが、現実の世界で活動する人たちも現れている。17年の夏には、世界最大のファーリー・イベントである「アンスロコン」の会場にトランプ支持のプラカードを掲げ、南北戦争で南軍が用いた南部連合旗(白人至上主義者のシンボルになっている)模様の着ぐるみ姿で登場した人物もいた。

フロリダ州オーランドのイベントでは、オルト・ファーリーのパンフレットを配布する人たちがいた。ナチスによく似た腕章を着ける人たちの姿も見られるようになっている。

ニュース速報

ワールド

温室効果ガスの価格付け、米石油協会が支持の可能性=

ワールド

韓国、アストラゼネカ製ワクチン接種者2人の死亡を調

ビジネス

中国、美団などの共同購入5サイトに罰金 「不適切な

ワールド

中国、GDP当たりCO2排出を過去5年で18.8%

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月