最新記事

アメリカ政治

アラバマ州上院補選、負けてホッとした共和党

2017年12月14日(木)13時14分
安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)

アラバマ州上院補選で負けた「ミニ・トランプ」、共和党のロイ・ムーア Carlo Allegri-REUTERS

共和党の候補が敗れ、番狂わせとなった米アラバマ州の上院補欠選挙。ドナルド・トランプ大統領にとっては痛手だが、実はホッとしている共和党議員もいそうだ。

まさかの敗北

2017年12月12日に米アラバマ州で投開票が行われた上院補欠選挙では、民主党のダグ・ジョーンズ候補が、共和党のロイ・ムーア候補に勝利した。アラバマ州は伝統的に共和党への支持が強い地域であり、共和党にとっては負ける筈のない選挙での敗北となった。アラバマ州の上院議員選挙で共和党の候補が負けたのは、実に1992年以来となる。昨年の大統領選挙でも、アラバマ州ではトランプ大統領がヒラリー・クリントン候補に約28%ポイント差で勝っていた。

トランプ政権にとって、大きな打撃となるのは間違いない。上院の多数党であるとはいえ、共和党の現有議席は定数100議席のうち52議席にとどまる。今回の補選によって、共和党の議席数は半数の50議席をわずかに1議席上回るだけになる。賛否が同数の場合にはマイク・ペンス副大統領が一票を投じられるとはいえ、共和党は2人の議員が造反すれば過半数を確保できない状況になる。

共和党内をまとめようにも、議席数が少なくなればなるほど、その難易度は高まる。たった一人の議員しか造反させられないとなれば、それだけ個々の議員が持つ一票の意味合いは重くなる。それを梃に、それぞれの議員が自らの利益を強く要求するようになるからだ。

来年11月に投開票が行われる議会中間選挙を展望しても、トランプ政権には心配な結果である。補選当日の出口調査では、トランプ大統領を「支持する」とした割合と「支持しない」と答えた割合が拮抗していた。1年前の大統領選挙でのトランプ大統領の強さは、どこにも感じられない。支持が強い筈の地域ですらトランプ大統領の神通力が通じないとすれば、中間選挙での共和党の苦戦は濃厚だ。

勝っていても共和党は辛かった

もっとも、悪いことばかりの選挙結果のように見えても、内心はホッとしている共和党議員がいてもおかしくはない。ムーア候補が勝っていたとしても、共和党には辛い展開が待ち受けていたからである。

ムーア候補は、共和党にとって二つの意味で問題のある候補だった。

第一に、全米を吹き荒れるセクハラ疑惑との関連である。現在米国では、有力政治家を含めたセクハラ疑惑の告発が相次いでおり、複数の現職議員が辞職に追い込まれる事態となっている。そうしたなかでムーア候補には、過去に少女に対してわいせつ行為を行った疑惑が浮上していた。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月