最新記事

アメリカ政治

アラバマ州上院補選、負けてホッとした共和党

2017年12月14日(木)13時14分
安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)

アラバマ州上院補選で負けた「ミニ・トランプ」、共和党のロイ・ムーア Carlo Allegri-REUTERS

共和党の候補が敗れ、番狂わせとなった米アラバマ州の上院補欠選挙。ドナルド・トランプ大統領にとっては痛手だが、実はホッとしている共和党議員もいそうだ。

まさかの敗北

2017年12月12日に米アラバマ州で投開票が行われた上院補欠選挙では、民主党のダグ・ジョーンズ候補が、共和党のロイ・ムーア候補に勝利した。アラバマ州は伝統的に共和党への支持が強い地域であり、共和党にとっては負ける筈のない選挙での敗北となった。アラバマ州の上院議員選挙で共和党の候補が負けたのは、実に1992年以来となる。昨年の大統領選挙でも、アラバマ州ではトランプ大統領がヒラリー・クリントン候補に約28%ポイント差で勝っていた。

トランプ政権にとって、大きな打撃となるのは間違いない。上院の多数党であるとはいえ、共和党の現有議席は定数100議席のうち52議席にとどまる。今回の補選によって、共和党の議席数は半数の50議席をわずかに1議席上回るだけになる。賛否が同数の場合にはマイク・ペンス副大統領が一票を投じられるとはいえ、共和党は2人の議員が造反すれば過半数を確保できない状況になる。

共和党内をまとめようにも、議席数が少なくなればなるほど、その難易度は高まる。たった一人の議員しか造反させられないとなれば、それだけ個々の議員が持つ一票の意味合いは重くなる。それを梃に、それぞれの議員が自らの利益を強く要求するようになるからだ。

来年11月に投開票が行われる議会中間選挙を展望しても、トランプ政権には心配な結果である。補選当日の出口調査では、トランプ大統領を「支持する」とした割合と「支持しない」と答えた割合が拮抗していた。1年前の大統領選挙でのトランプ大統領の強さは、どこにも感じられない。支持が強い筈の地域ですらトランプ大統領の神通力が通じないとすれば、中間選挙での共和党の苦戦は濃厚だ。

勝っていても共和党は辛かった

もっとも、悪いことばかりの選挙結果のように見えても、内心はホッとしている共和党議員がいてもおかしくはない。ムーア候補が勝っていたとしても、共和党には辛い展開が待ち受けていたからである。

ムーア候補は、共和党にとって二つの意味で問題のある候補だった。

第一に、全米を吹き荒れるセクハラ疑惑との関連である。現在米国では、有力政治家を含めたセクハラ疑惑の告発が相次いでおり、複数の現職議員が辞職に追い込まれる事態となっている。そうしたなかでムーア候補には、過去に少女に対してわいせつ行為を行った疑惑が浮上していた。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 9

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月