最新記事

テクノロジー

中国の百度が遊び心で狙うAIの勝者の座

Baidu's New Smart Speaker

2017年12月12日(火)15時00分
クリスティーナ・ポニントン

レイブンHのデザインのアプローチは先行品とはまるで異なる Baidu Online Network Technology (Beijing) Co., Ltd

<軽やかな製品デザインはアメリカの先行組を追い上げる強力な武器>

テクノロジー業界で今、とりわけ興味深い企業といえば中国の百度(バイドゥ)だ。製品デザインを武器に、アメリカのテクノロジー最大手と渡り合おうとしている。

インターネット検索エンジンの世界で頭角を現した百度だが、近年では人工知能(AI)の技術力強化に力を入れている。同社のAI部門は1300人を擁する大所帯で、多額の投資によって自動運転車の分野でも、家庭向けAI製品の分野でもグーグルやアマゾン・ドットコムといった先行組を追っている。

11月に開催された新製品の発表イベントで、百度はバーチャルアシスタント分野における同社初の製品となるAIスピーカー「レイブンH」とロボット2種を発表した。

レイブンH(12月発売予定、256ドル)は、アマゾン・エコーやグーグル・ホーム、アップルのホームポッドの競合という位置付けだ。百度の対話型AIプラットフォームを使い、音声による指示で情報を検索したり音楽を再生したりタクシーを呼ぶといった作業をこなすという(このプラットフォームは既に100を超える中国メーカーの製品に採用されている)。

開発を担当したのは百度の子会社レイブン・テックとスウェーデンの家電メーカー、ティーンエイジ・エンジニアリングだ。

機能だけ聞くとよくあるAIスピーカーという印象だが、見た目は全く違う。先行品の多くは円柱形で、当たり障りのない色の布や網状に穴の開いたプラスチックで覆われている。だがレイブンHはスピーカーにはとても見えない。

色鮮やかな四角く薄いブロックが積み重なった小さなタワーといった趣で、一番上のブロックを持ち上げるとタッチパネル式のコントローラーが姿を現す。電源コードも昔の電話を思わせるくるくる巻いた赤いケーブルで、遊び心が感じられる。

また、同時に発表されたロボット「レイブンR」は映画会社ピクサーの電気スタンド形のキャラクター、ルクソーJrか現代アート作品かと思うような外見だ。6つの関節を持ち、ユーザーの指示を受けると動く。この動きによりロボットが感情を表しているような印象を与え、ロボットとのやりとりを楽しく演出するわけだ。一方、開発中の「レイブンQ」にはコンピュータービジョンなどの最新技術が搭載される予定だという。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月