最新記事

火災

韓国のビル火災で死者29名けが人29名 はしご車故障などで被害拡大

2017年12月22日(金)08時03分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

29人の犠牲者を出した韓国堤川市のビル火災が発生した瞬間。(c) YTN / YouTube

<韓国中央部の堤川市にあるサウナなどが入ったビルで火災が発生。これまでに死者29名、負傷者29名が確認される大惨事となった>

21日夕方、韓国中央部の忠清北道堤川市(チュンチョンポクドチェチョン市)にある8階建ての雑居ビルで火災が発生。2時間経って火の勢いは鎮まったが、建物内を捜索している消防当局によると、29名が死亡、29名が負傷という大惨事となった。

NEWSISなどの韓国メディアが伝えるところでは、火災は午後3時53分ごろに8階建てビルで発生。電気工事をしていた1階駐車場からあがった火の手は瞬く間に建物全体に燃え広がったという。


火災が発生した瞬間を捉えた防犯カメラの映像 (c) YTN / YouTube

ビルは2〜3階がサウナ、4〜7階がフィットネスクラブ、8階がレストランが入っていたが、死亡した人のうち20人は2階にある女性用サウナで発見されている。

通報を受けた消防当局は消防車と救急車20台余り、消防隊員60人、ヘリコプター2機を出動させたが、予想以上に火の手が早く、思うように消火活動ができない現場の状況などもあって鎮火まで2時間近くかかったという。

消防のはしご車が使えず、清掃会社のクレーン車で救助

消防当局の関係者が語ったところでは、消火活動に出動した消防車が現場周辺に到着したが、周辺に違法駐車した車両が多かったため、火災現場に接近するまで時間がかかったという。

またビルの上層に逃げた人たちを救出するため27メートルまで伸びるはしご車が派遣されたが、故障のためにはしごが伸びないというトラブルに見舞われた。この状況を知った外壁清掃を行う民間業者が、クレーン車を現場に向かわせ、8階で避難を待っていた人たち3名を救助したという。


被害が拡大したのは人災か? (c) SBS / YouTube

だが、今回の火災で一番問題になりそうなのが、わずか2ヵ月前にリニューアル工事を終えたというこのビルの外壁工法だ。壁に発泡スチロールを吹きつけ、その上からセメントを重ねるという手法が使われていたが、2015年に130名あまりの死傷者を出した京畿道議政府(キョンギドウィジョンブ)のマンション火災でも同じ工法が使われていた。今回の火災でも発生直後からビルの内外を黒煙が包み込み、建物内にいる人たちが逃げ遅れた。

さらに消防の捜査が進むにつれ、貨物用エレベーターを通じて火事が広がったことも分かった。22日朝に記者会見をしたイ・サンミン堤川消防署長は「木材とタイルで内装された貨物用エレベーターと主出入口を通じて火と煙が非常に早く上がって、2階にいた人たちが逃げ遅れたと思われる」と語った。署長の言葉を裏付けるように犠牲者たちは貨物用エレベーターが止まる階で発見されており、通り過ぎる3〜5階では犠牲者がいなかった。

また、被害が集中した2階サウナについては非常口が利用者の使うかごで塞がれていたという目撃者の証言もあるという。

韓国政府は行政安全部(日本の総務省に相当)が事故対策室を堤川市役所内に設置したが、一夜明けた22日朝もまだビル内には煙がこもって犠牲者の捜索は続いており、さらに犠牲者の数が増えることも予想される。

*情報を更新いたしました(12月22日午前8時3分)


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ワールド

焦点:ロシアが「違法」民兵に医療支援、軍事作戦への

ビジネス

アングル:スイス中銀、5年目のマイナス金利政策に強

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 10

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月