最新記事

認知症

サッカーのヘディングで認知症に? 元イングランド代表キャプテンが不安を告白

2017年11月24日(金)18時50分
松丸さとみ

「英国で認知症に苦しむ人は85万人いるが、この中には多くのサッカー選手も含まれる」とシアラーはBBCに語った。とは言っても、サッカー選手の組合であるプロ・サッカー選手協会(PFA)でも、5万人の会員のうち何人が認知症を患っているか分からないとしている。デイリーメールによると、1966年のサッカー・ワールドカップで優勝した時のイングランド・チームで今も存命の9人のうち、3人がアルツハイマーを患っている。

「サッカー界は、認知症を抱えた高齢の元選手のことも面倒を見なければいけない。現役を引退したらお払い箱だという考え方を終わりにしなければ」とシアラーは訴えている。

「サッカーで脳に損傷が起こるとは...」

イブニング・スタンダードによると、イングランドのサッカー協会(FA)とプロ・サッカー選手協会(PFA)の共同委託により、元プロ・サッカー選手に認知症などの病気が多いのかを包括的に研究する団体が近々立ち上げられる予定だ。

元サッカー選手と認知症の関係について、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンでの調査などこれまで何度か小規模な研究は行われてきたが、本格的なものはまだ行われたことがない。

シアラーは番組内で、「プロとしてサッカーをプレイするなら、後年で膝や足首、腰に問題が出てくるだろうとは分かっているもの。私もそうだ。でもサッカーと脳の病気が関連するなんて思いもよらなかった」と語り、さらなる調査の必要性を述べている。

FAの医療責任者はミラー紙に対し、現役を引退したプロ選手を対象に研究を行い、できるだけ早く結果を出すようにする意向だと語った。また、脳に損傷が起こるとの証拠が出てくれば、子供のヘディングを禁止する可能性もあるとも話している。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 9

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月