最新記事

アジア歴訪

アジア歴訪で自分は人気者と勘違いしたトランプが危ない

2017年11月14日(火)18時30分
ジェイソン・ルミエール

アメリカ大統領なら表向きはとりあえず歓迎するのが当たり前なのに(11月9日、北京) Damir Sagolj-REUTERS

<各国の厚遇をトランプは地政学的現実と勘違いしかねない。事実、ドゥテルテがラブソングを歌うと超法規的殺人も不問にしてしまった>

ドナルド・トランプ大統領は旅行好きではないが、外遊先で受けるもてなしはすっかり気に入ったようだ。

トランプは11月13日、アジア5カ国歴訪で受けた待遇について、「おそらく誰も受けたことがない手厚い歓迎だった」と述べた。

どのアメリカ大統領より歓迎された、とトランプが自慢したのはこれが初めてではない。だが「海外におけるトランプ人気」の現実はまったく違う。さまざまな首脳や独裁的な政治指導者からトランプが受ける歓待と、一般の人々の彼に対する考え方が対照的であることは、世論調査や抗議活動が証明している。

シンクタンクのピュー・リサーチ・センターが今春、37カ国で実施したトランプに関する調査によると、外交でバラク・オバマ前大統領よりトランプにいい点をつけた国はたった2カ国だった。また、トランプを信頼していると回答した割合は、37カ国平均で22%にすぎない。

外国政府の歓待は別として、外遊するトランプの不人気を示す証拠は山のようにある。トランプが「誰も受けたことがない歓迎」と口にしたフィリピンの首都マニラでは、多くの人がアメリカ大使館に向かってデモ行進を行った。中には、4メートル大のかぎ十字の形に手がついたトランプ人形を作って燃やした人もいた。

社交辞令を解しない

フィリピン訪問に先駆けてトランプが訪れた日本と韓国でも、トランプに対する抗議デモが行われた。トランプに対する抗議がなかったのは、強権的な政治体制の国だけのようだ。そうした国々では、トランプはメディアから質問を受けたり、一般の人から露骨な敵意を向けられたりすることもない。

トランプは過去にも、行く先々で惜しみなく浴びせられるお世辞を真に受けてきた。7月のフランス革命記念日にパリを訪問した後にトランプが米紙に述べたところによると、フランスに行く気になった理由の1つは、同国のエマニュエル・マクロン大統領から、「フランスではあなたは人気がある」と言われたからだという。しかし、ピュー・リサーチ・センターの調査によれば、トランプを信頼していると答えたフランス人はたったの14%だ。

またトランプは、ポーランドのワルシャワを訪問した時についても、「大変な歓待を受けた」と言っている

トランプが、彼を公然と批判した指導者からすら歓待を受けるのはなぜだろう。確固たるイデオロギーを持たず、態度がころころと変わる大統領に取り入る一番の方法は、大げさなお世辞を並べることだと各国の指導者が悟ったからかもしれない。

ニュース速報

ワールド

世界のコロナ死者、「近く」週間で10万人突破へ W

ビジネス

世界経済見通しは非常に不確実、新型コロナで=IMF

ビジネス

米、インテルなどにファーウェイ向けライセンス取り消

ワールド

米中、WHO会合で対立 新型コロナ起源調査巡り

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月