最新記事

銃乱射事件

テキサス銃乱射男は、幼い息子の頭をかち割っていた

2017年11月7日(火)19時20分
クリスタル・ヘイエス

妻の家族が信者だから教会を狙った疑いも Texas Department of Safety/REUTERS

<小さな町の教会で銃を乱射し子供を含む26人を殺した男の転落>

テキサス州の小さな町にある教会で11月5日、銃を乱射して子どもを含む26人を殺害した男は無神論者で、犯行は別居中の妻の家族を狙ったものだった可能性がある。報道によると、犠牲者には容疑者の妻の祖母も含まれているという。

警察は、デビン・パトリック・ケリー容疑者の経歴や、日曜礼拝を狙って犯行に及んだ理由について、引き続き捜査中だ。しかし、容疑者の人物像や、考えうる動機が明らかになりつつある。容疑者は、離婚歴や、仕事を解雇された過去を持ち、キリスト教はくだらないと考えていた。また、空軍に勤務していたころには、妻に暴力を働いたほか、義理の息子の頭蓋骨を骨折させたこともある。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、容疑者の元同級生ニーナ・ローザ・ナヴァはフェイスブックに「(容疑者は)神の存在を信じる人たちを常にバカ呼ばわりし、無神論を説いていた」と投稿している。

ケリーが悲観的で異常な投稿を繰り返していたため、ナヴァを含むほかの友人は、彼を友達から削除したという。しかし捜査当局は、今回の銃撃事件のきっかけになったのは、ケリーの宗教的思想ではなく家庭の事情のようだと述べた。

空軍の検察官だったドン・クリステンセン元大佐は、サンアントニオ・エキスプレス・ニュース紙に対し、ケリーの最初の結婚は2012年に終わったと述べた。ケリーは当時空軍で勤務していたが、妻を殴打し、幼い義理の息子の頭蓋骨を骨折させて軍法会議にかけられたあと離婚したのだ。ケリーは12カ月拘束されたという。

ケリーの転落はそこから始まる。

信心深かった妻

2014年にはコロラド州で、動物虐待容疑で起訴された。犬に飛び乗って頭を連打した、と近隣住民が通報したためだ。また、ハスキーの子犬を地面に叩き付けて自分のキャンピングカーまで引きずっていったという別の近隣住民の証言もある。

同年にケリーは、ダニエル・リー・シールズと再婚したが、幸せな結婚生活は長く続かなかった。2017年までには別居しており、妻の母親の携帯電話に脅迫メッセージを送っていたと、テキサス州公安局の広報担当者フリーマン・マーティンは述べている。

ケリーがサザーランドスプリングスにあるファースト・バプティスト教会を狙ったのは、妻の家族がその教会の信者だからではないか、と捜査当局はみている。妻の履歴書から、彼女が4年前から同教会で幼児を対象に教えており、多くのボランティア活動にも従事していることがわかる。

シールズの家族の大半は、5日の日曜礼拝に参列していなかった。しかし、祖母だけはその場におり、ほかの25人とともに犠牲になったと家族はCNNに語っている。

ニュース速報

ワールド

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンに

ビジネス

米ダウ829ドル高、好調な雇用統計で景気期待さらに

ビジネス

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=N

ビジネス

米FRB議長、4月は財務長官と連日協議 新型コロナ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月