最新記事

テロ

NYで自転車道にピックアップトラック突入、死者8人 テロとして捜査

2017年11月1日(水)08時00分

10月31日、米ニューヨーク市のマンハッタンで午後、ハドソン川沿いの自転車専用路に車が突っ込む事件が発生した。ニューヨーク市のデブラシオ市長は同日、事件による死者は8人、負傷者は10人以上に上っていると述べ、事件を「卑劣なテロ攻撃」だと非難した。写真は同日、マンハッタンの現場近くで撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

米ニューヨーク市のマンハッタン南部で31日午後、ハドソン川沿いの自転車専用路に車が突っ込む事件が発生し、これまでに8人が死亡、負傷者は10人以上に上っている。当局はテロ事件として捜査を開始した。

ニューヨーク市警察のオニール本部長は会見で、運転するピックアップトラックでスクールバスに突っ込んだ後、車から降りた29歳の男の身柄を拘束したと発表。現時点では身元は公表しないとしている。

容疑者の男がアラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたと報じられていることについて問われると、男の言葉を含めて事件のあらゆる状況を勘案すると「テロ事件」に分類されると述べた。

国土安全保障省の報道官も事件を「明らかなテロ行為」と断定した。

ニューヨーク州のクオモ知事は会見で、今回の事件について、「組織的な犯行を示す証拠はない」と述べ、単独での犯行だったとの見方を示した。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、事件を「卑劣なテロ行為」だと非難した。

ニューヨーク市警察によると、容疑者の男は31日午後3時過ぎに自転車専用路に車で進入し、スクールバスに突っ込んだ。バスに乗っていた子ども2人と大人2人がけがをした。

男はペイント銃と空気銃を携帯していた。男の車は貸し出された「ホームデポ」のピックアップトラックだった。

目撃者はABCに対し、白いピックアップトラックがウエストサイド・ハイウエー沿いにフルスピードで走行し、数人をはねたと語った。

警察によると、死亡した8人のうち、6人はその場で死亡が確認され、2人は搬送先の病院で死亡が確認された。

消防当局によると、病院に搬送された別の11人は重傷だが、命に別状はないという。

トランプ大統領はツイッターで、今回の事件を「テロ攻撃」と呼び、「われわれはISIS(イスラム国)が米国に戻る、あるいは入ることを認めるべきではない」と述べた。

欧州でも昨年、車が群衆に突っ込む同様の事件が起きている。

[ニューヨーク/ワシントン 31日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中