最新記事

<ワールド・ニュース・アトラス/山田敏弘>

ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

2017年10月20日(金)18時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

7月に首席補佐官に就任した元米軍海兵隊大将のケリー Yuri Gripas-REUTERS

<北朝鮮との戦争について「外交が機能することを望もう」と、差し迫った緊張感はないことを示唆したトランプ最側近のケリー>

日本の総選挙のすぐ後の11月5日に、ドナルド・トランプ米大統領が訪日・訪中することが決まった。挑発的な言動を繰り返す北朝鮮に対して、トランプは相変わらず「軍事オプション」の雰囲気をうまく醸し出しながら挑発発言で応えている。ただ結局、この「緊迫する北朝鮮情勢」をトランプ政権は本当のところどう見ているのだろうか。

先日、それを読み解くヒントになりそうなイベントがあった。2017年10月12日、米ホワイトハウスのジョン・ケリー首席補佐官が、就任後初となる記者会見を行なった。

ケリーといえば現在、トランプの側近であり、首席補佐官はホワイトハウスを管理する官房機能のトップだ。トランプに直接助言をできる立場にいる数少ない人物であることは間違いない。

そんな側近としてトランプを客観的に語れる「大人」のケリーが、記者会見で北朝鮮などについて30分ほど話をした。

元米軍海兵隊大将のケリーは国土安全保障長官から7月31日に現職に就いたばかりだ。

米メディアの報道には、この会見でケリーの本音が見えたと分析するものもある。例えば、こんなコメントだ。

「アメリカという国を運営するのは本当にハードワークだ」

この発言に、やはりケリーが実質的な権力者だということではないか、と指摘する声が出ている。しかもケリーが慌てて次のように言い直したこともその"疑惑"を後押しした。「私が運営しているのではないが、何年も語ってきたように、この国に身を捧げる人のために働いている」

ちょっと上げ足取りのような感じもするが、とにかくケリーの一言一句まで厳しく分析され、メディアもそこから本音を拾おうと必死だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米インフレ高すぎる、11月0.75%・12月0.5

ビジネス

米中古住宅仮契約指数、8月は2%低下 金利上昇と価

ビジネス

英財務相、銀行幹部に政策への理解求める 辞任・政策

ワールド

米、対ロシア制裁ペース緩めず ウクライナ情勢巡り=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月