最新記事

国連機関

アメリカの「今さら」ユネスコ脱退で増す中国の影響力

2017年10月20日(金)16時00分
ジョシュア・キーティング

アメリカが抜けたユネスコで幅を利かせるのは習近平の中国か Christian Hartmann-REUTERS

<資金拠出も投票権もなかったアメリカの脱退に衝撃はない。今後はユネスコ組織内で中国の影響力が増すだろう>

アメリカは10月12日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)からの脱退を表明した。米国務省によると、「反イスラエルの偏向」と「根本的な改革の必要性」がその理由だ。

フランスのパリに本部を置き、文化財の維持活動や「世界遺産一覧表」で知られるユネスコだが、アメリカとは驚くほど争いを演じてきた過去がある。

1984年、レーガン政権はユネスコの事業がソ連の影響を受けて政治的に左傾化したと見なし、脱退に踏み切った。だが2003年にはブッシュ政権がユネスコへの復帰を決めた。折しもイラク戦争の開戦前で、国際社会の支持を得ようという外交努力の最中だった。

11年にパレスチナのユネスコ加盟が承認されると、オバマ政権はユネスコへの分担金拠出を停止。これは90年代に成立した国内法で、パレスチナの正式加盟を認めた国連機関への資金提供を停止すると定められていたため、やむを得ぬ対応だった

分担金拠出の停止を受けて、ユネスコは規定に基づき13年にはアメリカの投票権を停止した。以降、アメリカは加盟を続行しながら、舞台裏でロビー活動を展開してきた。

今回また摩擦が生じたのは、ユネスコが5月に採択したイスラエルを非難する決議で、イスラエルをエルサレムの「占領者」と呼んだことがきっかけ。ニッキー・ヘイリー米国連大使は指名承認公聴会で、「国連による反イスラエル偏向の長い歴史」と闘うと言明していたから、なるほど脱退にはうなずける。

しかし、既に資金も出さなければ投票もしないアメリカが、ここで脱退しても衝撃はほとんどないだろう。米政府は今後、ユネスコの「常任オブザーバー」の地位を目指すとしている。

ニュース速報

ワールド

WHO、抗マラリア薬のコロナ治験再開へ アビガン後

ワールド

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=報道

ビジネス

HSBCとスタンチャート、香港安全法を支持 政治的

ワールド

デモ対応の米軍動員は「最終手段」、国防長官が支持せ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月