最新記事

ペット

トランプに拒絶された仔犬「パットン」

2017年10月26日(木)18時46分
メリナ・デルキッチ

ファースト・ドッグになる予定だったがトランプに拒否されたパットン Lois Pope

<大統領を国民に近づけるとともに、大統領のストレスを癒やす。トランプも飼えば世界は少し明るくなるかもしれないのに>

犬は人間の最高の相棒と言われるが、ドナルド・トランプ米大統領は例外らしい。

アメリカの歴代大統領はほぼ例外なく、ホワイトハウスで「ファースト・ドッグ」を飼っていた。19世紀末のウィリアム・マッキンリー大統領は犬を飼わなかったが他のペットはいた。

トランプは、今のところホワイトハウスでペットを飼う「予定はない」と、ホワイトハウスの報道官は言う。

実は、トランプもファースト・ドッグを飼うところだった。知人女性の慈善家ルイス・ポープ(83)はホワイトハウスに入るトランプのための犬を探した。そして見つけたのが「優雅なテディベアのような」ゴールデンドゥードル(ゴールデンレトリバーとプードルのミックス犬)で、名前はパットン。彼女はフロリダのトランプの別荘「マールアラーゴ」にパットンを連れて行き、トランプと息子のバロンに引き合わせた。ところが、「犬のための時間はない」と断られたという。

「犬」は他人を侮辱する言葉

「ドナルド・トランプにパーフェクトな犬を見つけるために本当に苦労したの」と、ポープは本誌に語った。犬アレルギーがある人にも飼いやすく、従順で、美しい犬だという。「パットンならどんな大統領にも完璧よ」

パットンは今は、ポープと幸せに暮らしている。

トランプが犬と関わるのは、他人を侮辱するときだけのようだ。「犬のように解雇された」とか「犬のように汗をかいていた」とか(犬は汗をかかない、念のため)。

犬か猫でもいれば、トランプ一家ももう少し身近な存在に感じられたろう。すぐに切れるトランプのストレスも癒してくれたに違いない。ホワイトハウスでペットを飼うのが伝統になっているのも一つにはそうした心理効果のために違いない。

バラク・オバマ前大統領一家の2匹の愛犬「サニー」と「ボー」は人懐っこい性格で人気だった。


ジョージ・W・ブッシュ元米大統領のスコッティッシュテリア「バーニー」は、ホワイトハウスで専用のウェブサイトを持ち、動画にも出演している。

(ブッシュ夫妻ほか、ホワイトハウスのスタッフやシェフも総出演)

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、半導体不足で2工場の稼働一時停止 2万台の

ビジネス

中国百度、第1四半期は25%増収 AIやクラウド事

ビジネス

公衆衛生支出が少ない国家、信用格付け引き下げも=W

ワールド

台湾のコロナ感染急増、経済・半導体産業への影響限定

MAGAZINE

特集:若返りの最新科学

2021年5月25日号(5/18発売)

老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

人気ランキング

  • 1

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 2

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を信用できない」──王室伝記作家

  • 3

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 4

    ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

  • 5

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 6

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 7

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 8

    窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策…

  • 9

    アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

  • 10

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

  • 7

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 8

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 8

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 9

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月