最新記事

ミャンマー

スーチー崇拝が鈍らせるロヒンギャ難民への対応

2017年9月30日(土)14時30分
ジョシュア・キーティング

スーチーはようやくロヒンギャ問題について国民に向けて演説した(9月19日) Soe Zeya Tun-REUTERS

<ロヒンギャ迫害をフェイクニュースと言い切った、ノーベル平和賞受賞者スーチーの言動から学ぶべき教訓>

ミャンマー(ビルマ)のイスラム系少数民族ロヒンギャをめぐる人道危機が深刻化している。既に40万人以上のロヒンギャが、バングラデシュとの国境を越えたといわれる。

ロヒンギャ難民たちは、ミャンマー軍や地元住民による虐殺や村の焼き打ちから逃げてきたと主張。国連は9月上旬の報告書で、1000人を超えるロヒンギャが殺害された可能性を指摘した。

しかし仏教徒が過半数を占めるミャンマーの政府は、こうした主張を否定。ロヒンギャの過激派による警察署襲撃を受けて、対テロ作戦を実行しているだけだと主張している(ミャンマー当局はロヒンギャを正式な民族・市民と認めていない)。

イスラム諸国からは、非難の声が上がっている。マレーシアとインドネシアは、率先してミャンマーに圧力をかけている。トルコのエルドアン大統領は、ロヒンギャに対する暴力を「集団虐殺」だと非難した。

欧米諸国の反応は鈍い。なかでもアメリカは、「事態を憂慮している」というお決まりの声明を発表した程度だ。その一因は、いまアメリカの注意が北朝鮮の核問題に向いていることにある。また、既にシリア難民への対応に苦慮している欧米諸国に、別のイスラム難民を支える意欲がうせていることも確かだ。

しかし各国の間には、ミャンマー、特に指導者であるアウンサンスーチーを批判したくないという思いもあるようだ。

スーチーは90年の選挙で軍事政権に勝利を否定されて以降、20年間を自宅軟禁下で過ごすうちに国際的な著名人となった。91年にはノーベル平和賞を受賞。彼女が10年に自宅軟禁を解かれて再び選挙への出馬を許されると、外交と制裁政策の勝利、そして人権問題における米オバマ政権にとっての勝利とされた。

英雄でも悪人でもなく

憲法の規定によって大統領の座に就くことはできないが、15年の選挙でスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝すると、彼女を事実上の指導者に据えるために「国家顧問」ポストが新設された。スーチーがネルソン・マンデラのような「国際的な偉人」の仲間入りをするのは、確実と思われた。

ニュース速報

ビジネス

米ボーイング第1四半期は57%増益、商用機好調 通

ビジネス

オープン外債1000億円増、コスト高と政治懸念で非

ワールド

焦点:米朝首脳会談、トランプ氏と金正恩氏は何を話し

ビジネス

ヘッジ外債は通貨分散、円高局面でオープンも=18年

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 4

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 5

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 6

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 7

    【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

  • 8

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 9

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 10

    アマゾン「本日中にお届け」を支える配達下請け デリ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月