最新記事

バングラデシュ

ロヒンギャ取材のミャンマー人記者逮捕  バングラデシュ当局がスパイ容疑で

2017年9月22日(金)18時34分
大塚智彦(PanAsiaNews)

バングラデシュ・テクナフに逃げてきたロヒンギャ難民。船が転覆し、女性は生後40日の息子を失った Mohammad Ponir Hossain-REUTERS

<ロヒンギャ難民を取材中のミャンマー人記者が、バングラデシュで逮捕されて2週間。安否が気遣われている。報道に制限がかかればいちばん困るのはロヒンギャだ>

ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの人々が、ミャンマー軍の無差別攻撃から逃れて隣国バングラデシュに大挙して逃れるなか、バングラデシュで取材を続けていたミャンマー人記者がスパイ容疑で現地警察に逮捕されていたことが明らかになった。

「国境なき記者団」(RSF)やミャンマーのメディアが9月20日に伝えたもので、バングラデシュ南東部のコックス・バザールという町でロヒンギャ難民を取材していたミャンマー人フォトジャーナリスト、ミンザヤール・オー記者とアシスタントのクン・ラット記者の2人が9月8日に地元警察に逮捕された。

ミャンマーでは8月25日に西部ラカイン州でロヒンギャ武装集団によるとされる警察署襲撃事件をきっかけに軍による掃討作戦が続き、ロヒンギャ族の殺害、暴行、家屋放火などが続いている。このためこれまでに約40万人がバングラデシュに避難する事態となっており、ミャンマー政府は「人権侵害」「民族浄化」などと国際社会から厳しい非難を浴びている。

誤情報、観光ビザそしてスパイの容疑

ドイツの雑誌「GEO」の取材のためバングラデシュ入りして、ロヒンギャ難民の取材を続けていたミャンマー人記者の2人は、7日に逮捕されてから一度首都ダッカに連行されて秘密の取り調べ尋問を受けた後、コックス・バザールの警察署に戻され、現在は同署に拘置されているとみられている。

RSFや地元の弁護士などによると、2人に対する逮捕容疑は複数あるという。まず「誤った情報の流布」で、ロヒンギャ族の難民に関して「事実に基づく正しい報道をしていない」というもの。次が「誤った資格での活動」で、本来バングラデシュでの取材報道活動には外国人報道関係者は「ジャーナリストビザ」の取得が必要だが、2人は「観光ビザ」で入国し取材・報道に携わっていたという容疑。

そして最後が「スパイ容疑」でコックス・バザールの地元警察署長によると「2人はミャンマー当局のためにロヒンギャ難民の情報を収集していた疑いがある」という。バングラデシュではスパイ罪は最高で禁固5年が科せられる可能性がある。

2人の記者との面会が実現していない地元の弁護士によれば「誤った情報の流布」容疑は実態も根拠も不明であり、観光ビザでの取材活動は「軽い罪に過ぎない」、「スパイ容疑も証拠がない」などとして保釈を申請したものの、9月19日に保釈申請は却下されたといる。このため現在2人の安否が非常に気遣われる事態となっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中