最新記事

それでもトランプ

世論調査でわかった、トランプ支持者の差別寛容度

2017年9月5日(火)16時30分
ウィリアム・サレタン(ジャーナリスト)

反トランプ派のデモ現場で警察官に向かって叫ぶトランプ支持者の男性(8月31日) Joe Penney-REUTERS


170912cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版9月5日発売号(2017年9月12日号)は「それでもトランプ」特集。政策や言動が支離滅裂でも「白人至上主義」擁護でも、トランプ大統領が支持され続ける理由に迫った。この特集から、トランプ支持層の実像をあぶり出す世論調査の記事を転載する>

ドナルド・トランプ米大統領はなぜ差別主義者に気を使うのか。差別主義者こそがトランプの支持基盤だからだろうか。世論調査によれば、差別主義者は選挙結果を左右するほど多くないが、トランプ支持層のかなりの部分を占めている。


KKK(クー・クラックス・クラン)に賛同するのは......

magSR170905-1.png

「憎悪に基づいた殺人」を主張する白人至上主義団体への支持を公言できる人は極めて少数のはずだが......。


ネオ・ナチに好意的なのは......

magSR170905-2.png

ホロコーストを支持するネオ・ナチを受け入れられる共和党員が6%もいること自体が驚きだが、トランプ支持者にはその倍もの割合がいる。


反差別主義デモに参加を望む人は......

magSR170905-3.png

白人至上主義者のデモが起きたら、反差別主義デモで抗議する意思がある、と答えたトランプ支持者は非支持者の3割以下。


「良い差別主義者はいる」と答える人は......

magSR170905-4.png

白人至上主義者でも良い人はいる、という可能性を否定できない割合はトランプ、ヒラリー・クリントン両支持者の間で大きな開き。


差別主義を許容できる人は......

magSR170905-5.png

ネオ・ナチや白人至上主義を許容できるかという問いに、トランプ支持者は寛容な心を見せる。


シャーロッツビルの事件で非難されるべきは誰?

magSR170905-6.png

バージニア州シャーロッツビルで死者が出た責任について、トランプ支持者の多数派は「反差別主義者」と回答した。


人種差別の被害者だと思うのは?

magSR170905-7.png

トランプ支持者の中で「白人が被害者」と答えた人は、「黒人」「アジア系」「ヒスパニック」「先住民」の合計を上回った。


どちらに対する偏見がより深刻か?

magSR170905-8.png

「少数派の非白人よりも多数派の白人への偏見のほうが深刻」という考えはトランプ支持者以外の共和党員にも浸透している。


診断結果

トランプが差別主義者を排除すれば、支持基盤の多くを失いかねない。既に40%を下回った支持率のうち5ポイント以上は白人至上主義者とみられており、そうしたコアな支持層を捨てれば支持率が30%を切るのは避けられない。

差別主義的な言動が多いトランプが偏見まみれなのは確かだが、シャーロッツビル事件で反差別主義者への批判をためらったのはもっぱら政治的な自己保身によるものだろう。ただトランプ自身の偏見はどうであれ、上記の調査結果から断言できる事実が1つある。支持率が落ちれば落ちるほど、白人や保守派だけでなく、差別主義者にしがみつくしかなくなるということだ。


※「それでもトランプ」特集号はこちらからお買い求めいただけます。

【参考記事】分裂を煽るだけのトランプ「フェニックス居直り演説」

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月