最新記事

それでもトランプ

世論調査でわかった、トランプ支持者の差別寛容度

2017年9月5日(火)16時30分
ウィリアム・サレタン(ジャーナリスト)

反トランプ派のデモ現場で警察官に向かって叫ぶトランプ支持者の男性(8月31日) Joe Penney-REUTERS


170912cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版9月5日発売号(2017年9月12日号)は「それでもトランプ」特集。政策や言動が支離滅裂でも「白人至上主義」擁護でも、トランプ大統領が支持され続ける理由に迫った。この特集から、トランプ支持層の実像をあぶり出す世論調査の記事を転載する>

ドナルド・トランプ米大統領はなぜ差別主義者に気を使うのか。差別主義者こそがトランプの支持基盤だからだろうか。世論調査によれば、差別主義者は選挙結果を左右するほど多くないが、トランプ支持層のかなりの部分を占めている。


KKK(クー・クラックス・クラン)に賛同するのは......

magSR170905-1.png

「憎悪に基づいた殺人」を主張する白人至上主義団体への支持を公言できる人は極めて少数のはずだが......。


ネオ・ナチに好意的なのは......

magSR170905-2.png

ホロコーストを支持するネオ・ナチを受け入れられる共和党員が6%もいること自体が驚きだが、トランプ支持者にはその倍もの割合がいる。


反差別主義デモに参加を望む人は......

magSR170905-3.png

白人至上主義者のデモが起きたら、反差別主義デモで抗議する意思がある、と答えたトランプ支持者は非支持者の3割以下。


「良い差別主義者はいる」と答える人は......

magSR170905-4.png

白人至上主義者でも良い人はいる、という可能性を否定できない割合はトランプ、ヒラリー・クリントン両支持者の間で大きな開き。


差別主義を許容できる人は......

magSR170905-5.png

ネオ・ナチや白人至上主義を許容できるかという問いに、トランプ支持者は寛容な心を見せる。


シャーロッツビルの事件で非難されるべきは誰?

magSR170905-6.png

バージニア州シャーロッツビルで死者が出た責任について、トランプ支持者の多数派は「反差別主義者」と回答した。


人種差別の被害者だと思うのは?

magSR170905-7.png

トランプ支持者の中で「白人が被害者」と答えた人は、「黒人」「アジア系」「ヒスパニック」「先住民」の合計を上回った。


どちらに対する偏見がより深刻か?

magSR170905-8.png

「少数派の非白人よりも多数派の白人への偏見のほうが深刻」という考えはトランプ支持者以外の共和党員にも浸透している。


診断結果

トランプが差別主義者を排除すれば、支持基盤の多くを失いかねない。既に40%を下回った支持率のうち5ポイント以上は白人至上主義者とみられており、そうしたコアな支持層を捨てれば支持率が30%を切るのは避けられない。

差別主義的な言動が多いトランプが偏見まみれなのは確かだが、シャーロッツビル事件で反差別主義者への批判をためらったのはもっぱら政治的な自己保身によるものだろう。ただトランプ自身の偏見はどうであれ、上記の調査結果から断言できる事実が1つある。支持率が落ちれば落ちるほど、白人や保守派だけでなく、差別主義者にしがみつくしかなくなるということだ。


※「それでもトランプ」特集号はこちらからお買い求めいただけます。

【参考記事】分裂を煽るだけのトランプ「フェニックス居直り演説」

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

中東4カ国で新型ウイルス感染初めて確認、イランから

ワールド

イタリア、新型ウイルスの死者計6人・感染者220人

ビジネス

中国人民銀、新型肺炎対策に一段の措置 穏健な金融政

ビジネス

独IFO業況指数、2月は予想外の上昇 新型肺炎に懸

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月