最新記事

セックス

米スマート・バイブレーターはどこまで賢いか

'Smart' Toys Promise Better Orgasms—And Lots of Data

2017年8月18日(金)18時00分
アビゲイル・ジョーンズ

米ライオネス社のバイブレーターは、オーガズムのデータをスマホに取り込む機能付き Lioness

<アメリカで続々と発売されるハイテク・バイブレーターはオーガズムをグラフやアニメ化してくれるが、快感が置き去りになるという声も>

リズ・クリンガー(29)はバッグに手を入れると、4年越しで開発したバイブレーターを取り出した。淡いグレーで先端が丸くなっており、下側には女性のクリトリス(陰核)を刺激する突起が付いている。使いやすさを追及した持ち手部分には、触るだけで簡単に違いが分かる2つのボタンがある。「私たちはこれを、好奇心旺盛な人のためのバイブレーターと呼んでいる」とクリンガーは言う。「デザインはあえて一般的なバイブレーターに近づけたが、使用後にスマホのアプリでデータを見られるのが特徴だ」

クリンガーと筆者はニューヨーク・マンハッタンの中心部にあるコワーキングスペースのソファに座っていた。周りにいたのは男性ばかり。真後ろにいる人は、「シンクポッド」(個室ブース席)で背中を丸めてノートパソコンに向かっていた。他にも数組のグループが木製の長机の周りにいた。私たちはバイブレーターを持っていたので、彼らが時折こちらの方へ視線を向けるのはもっともだった。

「これがオーガズムのグラフよ」

クリンガーは周囲の視線を気にしない。彼女は米スタートアップ企業、ライオネス社(Lioness)のCEO(最高経営責任者)兼共同設立者だ。本人曰く「世界で最もスマートなバイブレーター」であるライオネスは、基本的にはヴァギナ(女性の膣)の健康状態をトラッキングするものだ。価格は229ドル(送料別)で、4種類のセンサー──膣を締める骨盤底筋の測定用が2つ、体温測定用が1つ、動き測定用が1つ──が内蔵されている。使用後に測定したデータをアプリに蓄積することで、女性は自分のオーガズム(性的絶頂)のパターンを学び、パートナーとのコミュニケーションに役立てることができるという。

lioness02.jpg
(中央が、スマート・バイブレーターのライオネス社を立ち上げたクリンガー)

クリンガーはiPhoneを片手に「これがオーガズムよ!」と言い、アプリのグラフ上で最も長い縦軸が連続した部分を指した。「このグラフは秒単位で骨盤底筋の動きを測定したもの。使用するたびにデータが蓄積されるので、オーガズムに達する時の大まかなパターンを掴める」。

【参考記事】セックスとドラッグと、クラシック音楽界の構造的欠陥

アプリはユーザーのオーガズムをアニメーションで示し(〇が拡大と縮小を繰り返す)、セックス日記もつけられる。同じようなオーガズムのパターンをもつユーザーの経験をもとに、アプリがバイブレーターのより効果的な使い方も教えてくれる(同社のプレスリリースには、「このオーガズムのパターンを持つユーザーは、ライオネスを上に傾けて使用すると快感を得やすいと言っている」などの提案例が紹介されている)。

ニュース速報

ワールド

首相と加計理事長、愛媛県文書の面会記録確認できず=

ワールド

イランに「史上最強」制裁も、米国が核放棄など12項

ビジネス

ドイツ経済は力強い回復局面、第1四半期の減速は一時

ワールド

ベネズエラ大統領再選、国際社会から非難強まる 米国

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月