最新記事

領土問題

にらみ合う中国・インドの軍部隊 国境紛争じわじわと再燃

2017年8月18日(金)17時00分

8月8日、インドと中国の両軍が、国境地帯で7週間にわたり対峙している。写真は中国とインドの国旗。インドが実行支配するアルナーチャル・プラデーシュ州で2009年11月撮影(2017年 ロイター/Adnan Abidi)

インドと中国の両軍が、国境地帯で7週間にわたり対峙している。関係筋2人によると、解決に向けた対話は決裂し、インド政府による外交努力は行き詰まりを見せている。一方、中国の国営メディアは「報復は避けられない」と喧伝(けんでん)している。

舞台となっているのは、インドの北東部シッキム州に近いブータン西部の係争地ドクラム高地で、中国とも国境を接している。

中国側の説明によると、6月初旬にインド軍が境界を越えて中国領に入り、中国の道路建設作業を妨害した。それ以降、インド陸軍と中国の人民解放軍が対峙を続けている。

中国は、中国とインドの同盟国であるブータンが領有権を主張するドクラム高地から、インドが軍を撤退させるよう要求している。

だが、インドが対話のなかで、見返りに中国に軍を250メートル後退させるよう提案したのに対し、中国は返答しなかったと、インドのモディ政権に近い関係筋は明らかにした。

中国は、水面下で行っていた外交戦略のなかで、政府高官から許可が得られるのであれば、100メートル後退するという案を持ち出して対抗した。

しかし、中国がドンランと呼ぶ同地域において、緊張激化の警告を強めていることを除いては、対話が再開されるという兆しはない。

「行き詰まっている。現在、全く動きがない」と、もう1人の関係筋は語る。

中国外務省はインドに撤退するよう繰り返し求めていたが、同省から対話についてのコメントは得られなかった。

インド軍は、道路が拡張されれば、北東部の同地域で中国軍が近すぎる存在となり、安心できなくなると主張している。

今回の対立は、1980年代に3500キロに及ぶ国境地帯で数千人規模の両軍兵士がにらみ合って以来、最も深刻なものだと、軍事専門家は指摘する。

中国はインドが道理をわきまえることを期待して、戦争に突入するのをとどまっていると、中国共産党機関紙「人民日報」系の国際情報紙である環球時報は8日伝えた。同紙は敵対的な解説を矢継ぎ早に掲載している。

「コントロール不能に陥りつつある状況から発せられる警告をモディ政権が無視し続けるなら、中国が報復措置に出ることは避けられないだろう」との見方を同紙は示した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は

ワールド

ナワリヌイ氏葬儀、支持者数千人集まる 厳戒態勢 全
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 2

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強くする

  • 3

    世界的人気のニセコ、TSMC進出の熊本...「ラーメン1杯3000円」でも、決して「バブル」ではないワケ

  • 4

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 5

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 6

    金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

  • 7

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 10

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 10

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中