最新記事

ISIS

「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

2017年8月16日(水)19時00分
ジャック・ムーア

■バイター(噛むもの) 女性にしばしば使われた拷問法。大きなハサミか顎の形をした金属製の道具がよく使われた。ISISはそれで女性の胸を噛むようにして激痛を与えた。この拷問を実施したのは、ヒスバに所属する女たちだ。63歳のある女性は、シリア北部ラッカでヒスバの捕虜になった時の拷問と苦痛について詳細を語った。

「私は泣き叫び、許してくれと懇願したが、ISISの女は黙れと言った。その女は私の胸を見て、片方の胸はどうしたのかと尋ねた。私は癌で切除したと言った。すると女はもう片方も同じようにしてやると言った」と女性は語った。「女にバイターを知っているかと尋ねられ、私は泣くしかなかった」

生き延びても自爆テロ


■心理的拷問
 ISISは肉体の拷問だけでなく、心理的拷問も使った。最も残虐なものの1つは、斬首された近しい人の頭部を見せるやり方だ。1人の証言者は、ある女性の小さな独房に男性の頭部が置かれていたのを見た。女性が勇気を振り絞ってその顔を見ると、彼女の兄弟だった。

「その顔を見た途端、彼女はわめき出した。とてつもなく大きな声で長い間泣きわめいた。泣き叫びながら自分の顔を平手で打ち続けた」と、証言者は言う。

拷問を生き残った人質には釈放という選択肢が与えられたが、引き換えにISISに金を払うかISISのために働いて払うという条件付きだった。どちらも不可能な場合は「自爆テロをさせようとした」という。

報告書は、72人の元収容者や逃亡兵らとの面談、過去18カ月間で収集した現地情報をもとに作成された。

(翻訳:河原里香)

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国事業大きい保険5社、第2四半期のコロナ関連コス

ワールド

対米関係、正しい方向に維持する必要=中国外務次官

ワールド

米運輸省が自動車安全基準を監査へ、NHTSA基準を

ワールド

NZで3カ月超ぶりに確認されたコロナ感染者、貨物介

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月