最新記事

バッグ

毎日使うものだから、ストーリーのあるバッグがいい。

PR

2017年8月25日(金)10時00分
写真:宇田川 淳 スタイリング:若梅
構成・文:青木雄介


1751/DS+DS+A006 ダークブルー×ネイビー×ネイビー

掲載商品 1751/DS+DS+A006 ダークブルー×ネイビー×ネイビー
最小限の荷物で移動したい時にオススメ。背面にはポケットが2つあり、周回するファスナーを開くと、異なるカラーのマチがあらわれる。サイズ:W42×H32×D3.5〜14センチ ビジネスバッグ ¥61,560(フェリージ) ソブリンのジャケット¥99,360/ザ ソブリンハウス TEL03-6212-2150、ユナイテッドアローズのシャツ¥14,040、パンツ¥19,440、ポケットチーフ¥4,104/ユナイテッドアローズ 銀座店 TEL03-3562-7798

潔いデザインが好き。僕自身、究極のシンプルを目指したい。

洋服のコーディネートは「ほとんどがネイビー」という山本さん。多忙な毎日を送るなかで、何にでも合わせやすいネイビーが自然と多くなっていったのだという。「いつも本当に必要なことは何かと考えています。潔いデザインが好きで、ワントーンは究極のシンプルだと思う。僕自身もそこを目標として目指したいですね」。そんなシンプルを愛する山本さんに、この小ぶりなビジネスバッグはよく似合う。「とにかく薄いし、ファスナーを開けるとマチが広がり、また違った印象のビジネスバックになる。TPOは大事にしたいので、"荷物がないときでも持ち歩くバック"としても使えます」

15/55/CF+A グレー×ブラック

掲載商品 15/55/CF+A グレー×ブラック
もともとヘルメットを持ち歩くためのバックだったという個性派のトートは、フェリージの象徴ともいえる丈夫な真鍮がデザインのアクセント。ダメージ感のあるカモフラ柄なのに、上品なニュアンスをもつバッグに仕上がっている。サイズ:W39×H37×D1(18)センチ トートバッグ ¥69,120(フェリージ) カルーゾのスーツ¥194,400、エリコ フォルミコラのシャツ¥24,840、フラテッリ ルイージのポケットチーフ¥8,100/ユナイテッドアローズ 銀座店 TEL03-3562-7798

このトートバックは裏地のキャンバス地の配色とあわせて、フェリージらしいこだわりと遊び心に溢れている。正面の大きな立体ポケットはスナップボタンで留めることができ、これも荷物が落ちることを防ぐ機能のひとつ。「底部のスナップボタンを外すことで、マチが広がる仕様に。こういう機能性を重視したギミックが好きですね。こういうデザインにたどり着くまでのストーリーが感じられる。こういう気配り、遊び心って大事ですよね」


1735/DS(左/裏面、右/表面)ダークブルー×ネイビー×ネイビー

掲載商品 1735/DS (左)裏面、(右)表面、ダークブルー×ネイビー×ネイビー
手に持つ、肩にかける、背負う。3通りの使い方ができる3ウェイ・ビジネスバックは、機能性を重視する山本さん、お気に入りのひとつ。サイズ:W42×H30×D10センチ 3ウェイ・ビジネスバッグ ¥100,440


15/20/CF+A (左)ネイビー×ネイビー、(右)グレー×ブラック

掲載商品 15/20/CF+A(左)ネイビー×ネイビー(右)グレー×ブラック
落ち着いた色のカモフラ柄は、シンプルなコーディネートのアクセントにも最適。カップルで共用したくなるのは、まさにこういうデザインのバッグだ。サイズ:W40×H31×D15センチ トートバッグ ¥59,400


9236/CF+A (左)グレー×ブラック、(右)カモフラージュ×ダークブラウン

掲載商品 9236/CF+A (左)グレー×ブラック、9236/CF+A (右)カモフラージュ×ダークブラウン
柄、素材は前段のトートと同じだが、日によって荷物の量が大きく異なる人には、底面のスナップボタンでマチが簡単に変更できるこちらをオススメしたい。サイズ:W47×H27×D1(18)センチ トートバッグ¥64,800


野坂哲史氏山本雅也 Masaya Yamamoto
KitchHike共同代表
1985年、東京生まれ。大手広告代理店に勤めた後、2013年に藤崎祥見氏とともに(株)キッチハイク設立し、料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイト「KitchHike」(https://kitchhike.com/)を運営している。1年半かけて47ヶ国を訪ね、家庭料理を食べ歩いた経歴を生かして、『キッチハイク!突撃!世界の晩ごはん』を上宰。

ニュース速報

ビジネス

UDが30年までに電動トラック量産化へ、ボルボ内で

ビジネス

オープン外債、ドル100─105円の押し目捉え増額

ビジネス

焦点:金融庁報告書、地銀統合ありきの声 脱落した日

ワールド

トランプ米大統領、年央に訪英へ=英紙

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理に使う薬品が体内に

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月