最新記事

英王室

ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

2017年7月31日(月)19時33分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

8月31日の命日を控えて花や写真が飾られる Charles Platiau-REUTERS

<突然の死から20年を数えるプリンセス・ダイアナ。夫チャールズとの破綻した結婚生活が、ダイアナの肉声で語られる>

ダイアナは、チャールズ皇太子との夫婦関係に悩みエリザベス女王に助けを求めたが、救いの手は差し伸べられなかった――。

8月31日に没後20年を迎えるダイアナ元皇太子妃が、チャールズ皇太子との結婚生活の悩みを暴露した生前の映像が、英チャンネル4のドキュメンタリー「Diana:In Her Own Words」で放映される予定だ。

この映像は、92~93年にケンジントン宮殿でダイアナの元ボイストレーナーが撮影したもの。悩みや昔から抱えていた摂食障害で疲弊したダイアナが泣きながらエリザベス女王のもとを訪れたエピソードなどが語られるという。

映像は、2004年にアメリカで放映されており、チャールズ皇太子との破綻した結婚生活の様子がダイアナの口から語られた。なかでも、チャールズと当時愛人関係にあった、コーンウォール公爵夫人カミラとの問題に直面したとき、チャールズに冷たくあしらわれたことがわかる。チャールズは「愛人がいない唯一のウェールズ王子になりたくない」と言い放った。

さらにダイアナはこうも言っている。エリザベス女王の夫フィリップ殿下は息子チャールズに、ダイアナとの結婚がうまくいかなかったら、5年後にカミラのもとに戻ればいいと話した、と。

【参考記事】ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた
【参考記事】ヘンリー王子が心の問題を告白 その背景にあるものとは

王子らを心配する声も

内容が内容なだけに、ウィリアム王子とヘンリー王子が受けるショックを心配する声も上がっている。2人の王子の叔父にあたるスペンサー伯爵は、ダイアナ妃の実弟で、この極めてプライベートな録音内容を放送すれば、2人の王子が苦しむことになるとして、チャンネル4に放映を取りやめるよう求めている。

兄のウィリアム王子は、妻キャサリン妃との間に生まれた長女(シャーロット王女)に、ダイアナの名前を与えている。全名は、シャーロット・エリザベス・ダイアナで、後妻であるカミラの存在をシャットアウトするかのようだ。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 7

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月