最新記事

中台関係

台湾からパナマをかすめ取った中国、寝返ったパナマ

2017年6月14日(水)19時30分
ベタニー・アレン・イブラヒミアン

中国にとって、貿易取引を餌に、台湾の友好国を味方に誘い込むことは簡単だろう。とはいえ、いくつかの国が台湾との関係を維持するのを黙認するのも、中国の目的に適っている。台湾が一線を越えたときに、政治的な交渉の切り札として使えるからだ。

中国は、国際舞台における台湾の存在感を着実に切り崩し、国際機関や委員会への台湾の参加を妨げている。最近では、中国の圧力を受け、世界保健機関(WHO)が総会から台湾を締め出した。つまり、2009年から続いていた台湾のオブザーバー参加が認められなかったのだ。

パナマが台湾と縁を切り、中国と国交を結んだことは、台湾にとってはさらなる衝撃だ。パナマも含め、台湾と外交関係を結んできた国は、台湾の開発援助の受益国。開発援助を通じて、台湾は発展途上国の忠誠を中国と奪い合ってきた。だが、次第に中国に押されつつあり、国交のある国は1990年代の約30カ国から数を大幅に減ってしまった。

【参考記事】台湾ではもう「反中か親中か」は意味がない

中国はパナマ以前にも、西アフリカの小さな島国であるサントメ・プリンシペを自陣に引き入れている。このときは、蔡と大統領就任前のドナルド・トランプが電話会談したことに対する報復だった。

「外交の買収戦には参加しない」

アメリカ大統領または次期大統領が台湾のトップと公式に電話会談をしたのは、1979年以来初めてのことだった。アメリカは台湾と正式な国交を結んでいない。中国にすれば、この電話会談は米台の接近し過ぎと映った。

そして今、パナマが台湾を見捨てて出て行った。蔡は6月13日、パナマとの断交を発表する会見で、「我が国の国家安全保障チームは、この状況を前もって察知し、できる限りの努力をしてきた。この結果はきわめ遺憾だ」と述べた。

「我が国は外交上、味方となる国を失ったが、外交上の買収合戦には参加しないという我々の方針に変わりはない」

パナマの心変わりは、中米における台湾の他の友好国も中国にシフトしかねない危うい状況を示唆している。例えばニカラグアは今のところ台湾との外交関係を維持しているが、中国から多額の投資も受けている。

2013年には、中国の億万長者、王靖が、ニカラグアを貫く運河の建設に関して、400億ドル規模の契約を結んだ。全長270キロに及ぶこの運河は、深さも広さもパナマ運河を凌ぐ。ニカラグア国内の反対と官僚主義のおかげで進展はしていないが、それも時間の問題かもしれない。

(翻訳:ガリレオ)

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月