最新記事

タンザニア

タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

Tanzania’s Persecuted Albinos Are Singing for Their Lives

2017年5月30日(火)18時33分
コナー・ギャフィー

アルビノは遺伝性疾患のため、メラニン色素を作り出せず皮膚や髪、目に色素がない Marilena Delli

<アルビノの肉には魔術的な力がある──サハラ以南のアフリカに残る迷信のせいで動物のように狩られてきたアルビノの人々が、アメリカ人音楽プロデューサーの下でバンドを結成。彼らが歌に託した想いとは?>

タンザニア本土からその島までは、朝と夕に1便ずつしかないフェリーに揺られて約1時間。ビクトリア湖の中心に浮かぶウケレウェ島は、アルビノ(先天性色素欠乏症)の人々が比較的安全に暮らせる避難所として知られる。タンザニア本土では、アルビノは迫害され常に死と隣り合わせだ。獣のように狩られ、体の一部を切断されることもある。

遺伝性疾患であるアルビノは、体内でメラニン色素を生み出せず、皮膚や髪、目に色素がないために白い。タンザニアは、全人口に占めるアルビノの割合が世界で最も多い国だ。カナダの人権擁護団体「アンダー・ザ・セイム・サン」(UTSS)のタンザニア支部によれば、その割合は北米やヨーロッパの14倍に上る。

グラミー賞の受賞歴を持つ米カリフォルニア州出身の音楽プロデューサー、イアン・ブレナンは昨年6月、共同プロデューサーのマリレーナ・デリとともにウケレウェ島を訪れた。アルビノの人々とアルバムを制作し、アフリカで最も声なきマイノリティーともいうべき彼らの声を、世界中に届けるという計画を携えて。

「世界でも断トツに悲惨」

それから1年。ブレナンはアルビノと結成したバンド「タンザニア・アルビニズム・コレクティブズ」と共に、アルバム『ホワイト・アフリカン・パワー』を引っ提げてこれからツアーに出る。バンドのメンバーのうち5人は、夏にイギリスで開催される音楽フェスティバル「WOMAD(ワールド・オブ・ミュージック・アンド・ダンス)」に出演する予定だ。

音楽の質は、聴けばわかるというのがブレナンのスタンスだ。それでも、バンドの一部メンバーが生きてきた過酷な運命が、作品の意義を一層深めているのは間違いない。

「特定の集団が狙われ、レイプされ、殺害され、生きたまま体を切断されるという話は、世界で起こるあらゆる凶事の中でもダントツに悲惨だ」と、ブレナンは本誌に語った。

タンザニアではアルビノの人々を狙った襲撃が世界でも突出して多く、UTSSによれば、2006年以降に報告された襲撃事件が今年4月の時点で173件に上った。そのうち76件は殺人で、遺体が墓から掘り出されたケースは20件以上、レイプや誘拐も多数発生した。

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが電撃退任

  • 3

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 4

    北方領土をめぐって交錯する日本とロシアの思惑

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    沖縄県知事選挙に吹く、新しい風

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月