最新記事

タンザニア

タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

2017年5月30日(火)18時33分
コナー・ギャフィー

アルビノは遺伝性疾患のため、メラニン色素を作り出せず皮膚や髪、目に色素がない Marilena Delli

<アルビノの肉には魔術的な力がある──サハラ以南のアフリカに残る迷信のせいで動物のように狩られてきたアルビノの人々が、アメリカ人音楽プロデューサーの下でバンドを結成。彼らが歌に託した想いとは?>

タンザニア本土からその島までは、朝と夕に1便ずつしかないフェリーに揺られて約1時間。ビクトリア湖の中心に浮かぶウケレウェ島は、アルビノ(先天性色素欠乏症)の人々が比較的安全に暮らせる避難所として知られる。タンザニア本土では、アルビノは迫害され常に死と隣り合わせだ。獣のように狩られ、体の一部を切断されることもある。

遺伝性疾患であるアルビノは、体内でメラニン色素を生み出せず、皮膚や髪、目に色素がないために白い。タンザニアは、全人口に占めるアルビノの割合が世界で最も多い国だ。カナダの人権擁護団体「アンダー・ザ・セイム・サン」(UTSS)のタンザニア支部によれば、その割合は北米やヨーロッパの14倍に上る。

グラミー賞の受賞歴を持つ米カリフォルニア州出身の音楽プロデューサー、イアン・ブレナンは昨年6月、共同プロデューサーのマリレーナ・デリとともにウケレウェ島を訪れた。アルビノの人々とアルバムを制作し、アフリカで最も声なきマイノリティーともいうべき彼らの声を、世界中に届けるという計画を携えて。

「世界でも断トツに悲惨」

それから1年。ブレナンはアルビノと結成したバンド「タンザニア・アルビニズム・コレクティブズ」と共に、アルバム『ホワイト・アフリカン・パワー』を引っ提げてこれからツアーに出る。バンドのメンバーのうち5人は、夏にイギリスで開催される音楽フェスティバル「WOMAD(ワールド・オブ・ミュージック・アンド・ダンス)」に出演する予定だ。

音楽の質は、聴けばわかるというのがブレナンのスタンスだ。それでも、バンドの一部メンバーが生きてきた過酷な運命が、作品の意義を一層深めているのは間違いない。

「特定の集団が狙われ、レイプされ、殺害され、生きたまま体を切断されるという話は、世界で起こるあらゆる凶事の中でもダントツに悲惨だ」と、ブレナンは本誌に語った。

タンザニアではアルビノの人々を狙った襲撃が世界でも突出して多く、UTSSによれば、2006年以降に報告された襲撃事件が今年4月の時点で173件に上った。そのうち76件は殺人で、遺体が墓から掘り出されたケースは20件以上、レイプや誘拐も多数発生した。

ニュース速報

ワールド

NY州、コロナワクチン独自審査へ 知事「政治化巡り

ビジネス

米株反発、ハイテク株に買い 好調な住宅指標などで

ビジネス

ドル小幅安、株高が圧迫 コロナ経済対策巡る期待で=

ワールド

スペイン、コロナ感染者70万人突破 マドリード中心

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月