最新記事

ワークプレイス

「エゴを持たない」食材宅配サービスのスタートアップ

2017年5月26日(金)12時40分
WORKSIGHT

同じくキッチンスペース。正月に向けた新しいレシピを開発するための会議が行われている。壁の「HAPPY NEW YEAR」は、正月の雰囲気を出すために飾り付けられたもの。 WORKSIGHT

<ベルリンで注目を集める「HelloFresh」は、レシピ付きの食材宅配サービスを運営する新興企業。年率400%で成長を遂げているが、拡大に伴い、人事面の課題に直面した。世界中の優秀な人材を引き付けるためにとった戦略とは>

食材宅配サービスを展開するスタートアップ[HelloFresh]


[課題]  急拡大する中でも企業カルチャーをすみずみまで浸透させたい
[施策] 新たに入社する人材にとってなじみやすい環境を作る
[成果] 優秀な人材が世界中から集まり、年率400%の成長を続ける

ドイツ、ベルリンで昨今、注目を集めている企業がある。レシピ付きの食材宅配サービスを運営するHelloFreshだ。特定のレシピに合わせた食材、調味料を必要なだけの分量で宅配するサービスで、買い物をする時間や献立を考える時間の取れない人を中心に人気を集めている。

【参考記事】自宅の「壁」で有機野菜を育てられるインテリア

年率にして400%もの成長を遂げている同社。2015年5月時点でベルリンにいる社員が60名だったのが現在では250名に増え、世界では合計1500人が働くなど急拡大中だ。これだけの勢いで企業が大きくなれば、それまでは気にならなかったことが問題になることもある。HelloFreshもやはり、人事面の課題に直面した。

2015年からグローバル人事担当責任者として入社したジュリアン・ラーケン氏(以下、ラーケン氏)はこのように語る。「いまは3つの点を強化すべく、人事戦略を立てています。人材の獲得と採用、勤怠管理や給与面などの総務面、社員のエンゲージメントです。現在は7カ国に拠点があり、採用は基本的に各地に任せていますが、特に重要なポジションは本社でもサポートしています。これはあくまで個人的な意見ですが、能動的に行動できる、そのポジションのエキスパートを採用するようにしていますね」

「HelloFreshのカルチャーにフィットするかどうか」を重視

人事部門においてラーケン氏を支えるフレヤ・エレン・ステファン氏(以下、ステファン氏)は、さらにこう付け加える。「現在では40以上の国籍の社員がいますから、HelloFreshで一緒に働くためには私たちのカルチャーにフィットするかどうかも重要です。他者を大切にし、チームワークを大事にする。私たちは『エゴを持たない』という言い方をしています」

「カルチャーを大切にする」との言葉の通り、HelloFreshではユニークな取り組みが行われている。例えば、新入社員は入社初日から社員全員に温かく迎えられる。出社すると、デスクの上には小さなギフトボックスが置いてあり、そこにはHelloFreshのエプロンが入っているのだという。「初日はずっと、そのエプロンをつけてもらいます。そうすると『ああ、あの人が新入社員か』とわかって、周囲も話しやすくなりますよね」(ラーケン氏)

「隔週の金曜には、ハングリーフライデーというイベントがあり、そこではランチを食べながら会社の最新情報を共有したり、新入社員を紹介したりします。自己紹介の際には『One Fun Fact』といって、自分に関するおもしろい点を話してもらうようにしています。『自分を野菜にたとえたら』というテーマでも話してもらいますが、お互いを知るのに有効な手段だと思いますよ」

wsHellofresh170526-1.jpg

(左写真)人事部門の責任者であるジュリアン・ラーケン氏(右)と、同じく人事部門のフレヤ・エレン・ステファン氏(左)(右写真)HelloFresh外観。

wsHellofresh170526-2.jpg

HelloFreshの心臓部とも言える、キッチンスペース。社員間のコミュニケーションも多く、同社にとって重要なスペースである。

【参考記事】5割の社員がオフィスにこない、働き方満足度No.1企業

ニュース速報

ビジネス

米株反発、ハイテク株に買い 好調な住宅指標などで

ビジネス

ドル小幅安、株高が圧迫 コロナ経済対策巡る期待で=

ワールド

スペイン、コロナ感染者70万人突破 マドリード中心

ビジネス

インフレ率が近く上昇するリスク低い=リッチモンド連

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月