最新記事

アメリカ政治

資産公開、トランプ政権幹部がリッチぞろいなのは「私欲がない証拠」?

2017年4月3日(月)19時10分
ニコラス・ロフレド

私欲がない人々? (左から)トランプ、クシュナー、バノン Carlos Barria-REUTERS

<トランプ政権幹部が莫大な資産を保有していることが資産公開でわかったが、これはホワイトハウスの言う通り本当に優秀で無私な集団である証拠なのか>

ホワイトハウスがドナルド・トランプ政権幹部の個人資産を公開し、史上最も裕福とされる政権の実情が明らかになった。

トランプとマイク・ペンス米副大統領を除く約180人の政権高官について、資産の公開が始まったのは金曜の夜だった。スティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問や、ケリーアン・コンウェイ大統領顧問、ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問を筆頭に、多数の高官が就任時における職歴や報酬、雇用形態、配偶者の収入、負債などの資産情報を自己申告した。政権入りに伴って売却した資産は含まれていない。


米調査報道機関プロプブリカとAP通信、米紙ニューヨークタイムズの3社は連携して開示手続きを簡素化し、土曜夜の時点で81人分の追加情報を入手。クラウド上にデータを保存できるグーグル・ドライブの一般共有フォルダを通じて誰でも情報にアクセスできるようにした。今後も追加情報は随時フォルダに同期される。

経済的成功者ばかり

以下は注目の中身だ。

右派ニュースサイト「ブライトバート」を運営していたバノンは、昨年少なくとも130万ドルを稼ぎ、保有するコンサルティング会社「バノン・ストラテジック・アドバイザー」の企業価値は500万~2500万ドル相当だった。

クシュナーと、トランプの長女で大統領補佐官に就任したイバンカ・トランプの夫妻は、クシュナー側の不動産やビジネス投資が中心の保有資産が7億4100万ドルに上る可能性がある。

米金融大手ゴールドマン・サックスの元社長兼最高責任者で、国家経済会議(NEC)委員長に就任したゲーリー・コーンの保有資産は2億3000万ドル以上。昨年の年収は4800万~7700万ドルとなっている。

大統領選中に共和党の選挙対策本部長を務めていたコンウェイは、米世論調査会社inc./WomanTrendから昨年80万ドル以上の報酬を手にした。

ラインス・プリーバス首席補佐官は、昨年共和党全国委員会(RNC)から22万5000ドルの報酬を得たが、さらに昨年と今年分のボーナスとして17万5000ドルを受け取った。RNC委員長を辞めた際も3万3000ドル以上の手当てをもらった。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月